FANDOM


グランドキャノンは、テレビアニメ超時空要塞マクロス』に登場する架空の兵器

異星人プロトカルチャーのオーバーテクノロジーによって作られた超大口径エネルギー砲。1号基はアラスカの統合軍参謀本部にあり、地球の重力場のエネルギーを充填し、発射する。地球統合軍とゼントラーディ軍基幹艦隊との戦いでは、最初の一撃で敵艦約80万隻を消滅させたが巨大兵器の存在に気づいたゼントラーディ艦隊からの集中爆撃を受け、第二波を撃つ前に機能停止に追い込まれる。しかしながら、グランドキャノンによって基幹艦隊の陣営の一部は大きく崩壊し、その崩壊した宙域を血路として、マクロス・ブリタイ同盟艦隊は基幹艦隊中枢への突入に成功している。

その形状(地上から掘り下げ、その穴の内側が砲塔そのものという、まさにその名前のとおり「大地の大砲」である)から、ある程度の偏向照射は可能なものの、北極上空の敵に対してしか撃つことが出来ない。

またオーストラリアに2号基、アフリカ・ビクトリア自治区に3号基、に4号基、ブラジルに5号基が計画されており、2号基は建造中に反統合勢力に爆破され、他もゼントラーディ軍の来襲までには完成しなかった。このように計画では、ほぼ地球圏全域をカバーするように建造された筈であり、仮に全てのグランドキャノンが完成していれば、基幹艦隊との戦闘においても、それなりの戦果が期待できたものと推察できる。地球帰還後のマクロスが統合軍からも厄介者扱いされたのも、対ゼントラーディ戦略構想の中心が既にSDF-1 マクロスとSDF-2、その他アームド級、宇宙駆逐艦からなる宇宙艦隊構想から、このグランドキャノン防衛網に移されていた為であった。

ボドル基幹艦隊の地球総爆撃時に、建造中であった3号基と5号基内部に設置されていた地下シェルターに避難・収容された人々がおり、収容された総数や救出された詳細な数は不明であるが、その一部は奇跡的に地上への生還を果たしている。

1号基の砲口部跡は戦後マクロスレイクと呼ばれる湖となり、その周囲に新統合政府の首都マクロスシティが建設された。マクロスレイクには全長1200mを誇るSDF-1マクロスが直立状態(強攻型)で係留されており、グランドキャノンがいかに巨大な兵器であったかがうかがえる。テンプレート:Anime-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。