FANDOM


プロトカルチャーは、テレビアニメ超時空要塞マクロス』および関連作品群「マクロスシリーズ」においてその存在が語られる架空の地球外生命体異星人)。

歴史 編集

プロトカルチャーは、地球時間でおおよそ紀元前50万年代、人類有史の遥か以前に全銀河規模で繁栄し、銀河系に一大星間国家[1]を築きあげ、高度な文明をもって栄えていたが、その後、この星間国家は2つの勢力に別れ戦争状態となった。

2つの勢力は互いに、直接の損害を防ぐための代理戦争を目的とし、遺伝子工学を使って、それぞれが手足となるべき巨人型生体兵器・代理兵士(ゼントラーディ人)を作り上げ、彼らをコントロールするためにプロトカルチャーへの手出しを禁じるコードを潜在意識に組み込んだ。しかし、争うことしか知らない巨人たちの戦争は拡大の一途をたどり、コントロールは失われ、敵に打ち勝つために一度は解除された上記のプログラムを再発令することは不可能となった。そして暴走した巨人達の戦火の中で、プロトカルチャー達も犠牲となり、自らの生み出した創造物によって滅ぼされた。

プロトカルチャーと人類の関係 編集

現在の地球人類は、プロトカルチャーが太古の地球に立ち寄った際に原住生物を遺伝子的に改造、将来の移民に備えて惑星環境に適応した亜プロトカルチャー人種作成計画を実行した結果、発生した種族と推測されている。つまりプロトカルチャーは人類の創造主であり、祖先というべき存在である。

またマイクローン装置により人類サイズに縮小されたゼントラーディ人が生物的に人類とほぼ同じで混血も可能であるのも、同じくプロトカルチャーに起源を持つためと劇中では推定されている。地球人類のことを当初から「マイクローン」と呼んでいたことから、巨人たちが過去にも同様な生物と接触したことが推察される。また彼らの戦闘マニュアルにはマイクローン生息星への侵攻を禁じる条項が存在したが、これが過去の他のマイクローンとの接触の教訓なのか、先述のプロトカルチャー接触禁止コードの名残なのかは不明である。

なお「プロトカルチャー」は劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』におけるゼントラン語でもそのまま発音されている(「文化」は「カールチューン」)。

各作品での位置づけと設定の変遷 編集

プロトカルチャーは『超時空要塞マクロス』のみにとどまらず、後継のシリーズ作品においてもしばしば重要なファクターとしてその存在が語られ、新たな作品が生み出されるごとに設定にも追加・変更がなされている。

超時空要塞マクロス 編集

テレビシリーズ版 編集

2009年を舞台とする『超時空要塞マクロス』では、2つの勢力に分かれたプロトカルチャーが残した「ゼントラーディ軍」と「監察軍」の長年にわたる争いに地球人が巻き込まれるという形で物語が始まる。1999年に飛来した監察軍の艦(後のSDF-1 マクロス)よりプロトカルチャー由来の技術(OTM)を手に入れた地球人は、同艦に残されたブービートラップの発動によりゼントラーディ軍と争うことになる(第一次星間大戦)。プロトカルチャーという言葉は、戦争中捕虜となった地球人の文化的活動を見たゼントラーディ軍第118基幹艦隊司令長官ボドルザーの口から発され、ゼントラーディ人は地球人を「文化を持つ敵」すなわち「プロトカルチャー」として驚愕をもって怖れるようになり、これが戦争終結の糸口となる。

大戦終結後、新統合軍に帰順したゼントラーディ人エキセドル・フォルモらの調査により、人類もまた彼らの言うプロトカルチャーの創造物であり本質的にゼントラーディ人と同じ存在であることが示され、両者の種族的・文化的融和が図られることとなる。

劇場版 編集

劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』では基本設定が変更され、遺伝子工学の発達により単性生殖が可能になったプロトカルチャーが男と女の勢力に分かれて争いを起こし、男の勢力が男だけの巨人ゼントラーディを、女の勢力が女だけの巨人メルトランディを創造し、残された巨人同士で争いを繰り広げてきたとされる。

地球人とゼントラーディの争いの途上、荒廃した地球に飛ばされた早瀬未沙一条輝は、かつて地球を訪れたプロトカルチャーが残し、海底に沈んでいた都市宇宙船「アルティラ」を発見する。2009年2月のゼントラーディ襲来を、プロトカルチャー帰還と誤認した都市の制御コンピュータが都市を海上に浮上させるが、マクロスを狙ったボドル基幹艦隊の攻撃により消滅する。この戦争はボドル機動要塞が捕獲していたメモリープレートに記録されたメロディとアルティラで発見された歌詞をあわせて完成した歌「愛・おぼえていますか」により巨人たちが文化を呼び覚まされたことにより終結へと導かれる。この歌の正体は早瀬未沙により、プロトカルチャーの間での流行歌・ラブソングであると語られる。

マクロス7 編集

2045年を舞台とする『マクロス7』では、同年12月惑星ラクスにおいて発見されたプロトカルチャー遺跡での調査により、物語の舞台となるマクロス7船団を襲う地球外生命体「プロトデビルン」が、プロトカルチャーが戦火の拡大の中で創造したゼントラーディよりも上位の生体兵器「エビル・シリーズ」に異次元のエネルギー生命体が憑依したものであり、プロトカルチャーはそれに滅ぼされたことが判明する。

また同作品終了後公式年表が書き換えられ、上記の出来事が追加されたほか、これまで2つに分かれた勢力の一方が残したとされてきた監察軍が、プロトデビルンによって洗脳されたプロトカルチャーやゼントラーディ人の生き残りであるとされるようになる[2]

マクロス ゼロ 編集

2008年を舞台とする『マクロス ゼロ』では、南太平洋の「マヤン島」に眠るプロトカルチャーが残した人類の監視装置「鳥の人」をめぐって統合軍と反統合同盟軍が争いを繰り広げる。

マヤン島の創世神話ではプロトカルチャーは天の神「プロカチャ」として伝わっている。オックスフォード大学のハスフォード教授らは原始人類の急速な進化に外的要因の作用を疑い、外宇宙から飛来したプロトカルチャーによる遺伝子操作説「人類プロトカルチャー干渉仮説」を唱え、マヤン島の鳥の人伝説や住民への調査から仮説を実証しようとする。

マクロスF 編集

2059年を舞台とする『マクロスF』には、プロトカルチャーが畏れ、神格化したという生命体「バジュラ」が登場する。プロトカルチャー研究の第一人者であるマオ・ノームの下で働いていた科学者グレイス・オコナーは、バジュラの持つフォールド波ネットワークとインプラント技術を利用した並列思考ネットワークにより人類をプロトカルチャーを超える存在に進化させ、その支配者になろうと目論む。

河森正治はインタビューにおいて、プロトカルチャー文明の進化はバジュラの死体を偶然入手したことに端を発すると説明している[3]。プロトカルチャー文明がフォールド通信波に反応するバジュラと具体的にどのような関係にあったのかは明らかでない。

「ロボテック」版 編集

海外版である「ロボテックシリーズ」(Robotech)では、Protocultureは太古の異星人ではなく、『超時空騎団サザンクロス』に登場する架空の植物生命の花」に由来する、太古から存在したバイオマス・エネルギーそのものを意味する。

脚注編集

  1. その政体は「銀河帝国」もしくは「星間共和国」。シリーズ公式年表では後者が使用されている。
  2. 『マクロスプラス MOVIE EDITION』『マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!』劇場パンフレット(1995年)など。
  3. 河森正治インタビュー『オトナアニメ Vol.10』洋泉社、2008年、44頁。

関連項目編集

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はプロトカルチャー (マクロスシリーズ)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。