FANDOM


機体諸元
Regult
テンプレート:Colour
所属 ゼントラーディ軍
設計・製造 エスベリン第4432369ゼントラーディ
全自動兵器廠
エクトロメリア第979972010ゼントラーディ
全高 15.12m
全備重量 37t
エンジン エスベリン熱核反応炉
エンジン推力 1.3GGV
標準武装 中口径荷電粒子ビーム砲×2
小口径レーザー対人機銃×2
小口径レーザー対空機銃×2
選択装備 近接戦闘用自己誘導小型ミサイル
乗員人数 1名
  

リガードRegult)は、テレビアニメ超時空要塞マクロス』および関連作品に登場する、架空の兵器。ゼントラーディ軍が使用する機動兵器のひとつ。

概要 編集

機体諸元
SM:小型ミサイル装備 LM:大型ミサイル装備
リガード
型式名 Regult
所属 ゼントラーディ軍
乗員 1名
全高 15.12m(標準型) 18.67m(SM型)
19.12m(LM型) 18.20m(偵察型)
全幅 - (標準型) 9.86m(SM型)
8m(LM型) 12.6m(偵察型)
全長 - (標準型) 8.2m(SM型)
8.30m(LM型) 7.2m(偵察型)
全備重量 37t(標準型) 39.6t(SM型)
41t(LM型) 39.8t(偵察型)
主機 エスベリン熱核反応炉
出力 1.3GGV
標準武装 中口径荷電粒子ビーム砲×2
小口径レーザー対人機銃×2
小口径レーザー対空機銃×2
拡張武装 近接戦闘用自己誘導小型ミサイル
×24(SM型)
近接戦闘用多弾頭大型ミサイル×4(LM型)
開発製造 エスベリン第4432369ゼントラーディ
全自動兵器廠
エクトロメリア第979972010ゼントラーディ
全自動兵器廠(偵察型)

ゼントラーディ軍の巨人兵士が搭乗するワンマン戦闘ポッド。歩兵全員に行き渡ることを目標に設計された簡素な機体だが運用性は高く、ゼントラーディ全軍に広く配備されている。改良は50万周期前に完了し、現在でも約3億を数える自動兵器廠で大量生産され続け、前線への供給が止むことはないと言われている。

タマゴ形のボディに長い二脚、突き出たビーム砲という、特徴ある形状をしている。またボディ両側には推力偏向式の熱核ロケットエンジンを持つ。乗員一名はボディ背面のハッチから乗降するが、非常に狭く居住性・生残性は劣悪である。巨人兵士が身をかがめるような姿勢で搭乗しており、彼らからは「自分の足で歩くほうが楽」とまで酷評されている。操縦も手動式に頼る部分が多く、これも搭乗員の疲労を高める原因となっている。一方、構造は極めて単純で故障発生が少なく、稼働率が高く運用は容易である。劇中では一条輝ら地球人捕虜が脱走する際、パイロット3名協力の操作で動かせるほどである(注:地球人はゼントラーディ人の約5分の1サイズ)。

ボディ外殻の装甲はさほど強固でなく、バルキリーの55ミリガトリング砲ガンポッドで容易に貫通される上、劇場版ではマクシミリアン・ジーナス機がバトロイドの拳で外殻を割り、パイロットを引きずり出して射殺している。推力も不足しているため重力下での飛行性能には限界があるが、宇宙空間では侮りがたい機動性を発揮し、数の多さとあいまってマクロスのバルキリー部隊を苦しめた。主な武装として機体前面に突き出たビーム砲2門、前面下部ならびに背面上部に2門ずつ計4門のレーザー機銃を持つが、低出力からくるビーム兵器の威力不足を補うためのオプション兵器を搭載した強化型や、非武装の偵察型などのバリエーション(後述)も数多く存在する。

劇中ではミリア・ファリーナにより、脚基部を狙い撃つ事でパイロットを殺さずに行動不能にできる事が示されている。また、マクロス市街地に潜入したゼントラーディ人スパイが帰還する際には、デッドウェイトの脚部を切り離し、胴体のみで垂直上昇して大気圏を離脱し、回収艇とランデブーしている。

バリエーション 編集

Regult-lightmissile
Regult-heavymissile
Regult-heavymissile-missile

ミサイル

Regult-scout
標準タイプ
前述のように、機体前面にビーム砲2本と対人レーザー機銃2門、背部に対空レーザー機銃2本を搭載したタイプ。一番配備数が多い型。
小型ミサイル装備型
背部の対空レーザー機銃を外し、撃ち放し式の横置き型小型ミサイルポッド2基を搭載したタイプ。これはポッドが大型ミサイル型に比べ軽量で、機動性の低下も偵察型と同じレベルに抑えられ、意外に高い生残性が示されたことから兵士からの評判は良かった。
大型ミサイル搭載型
背部の対空砲を外し、計4本の多弾頭大型ミサイルを搭載したタイプ。過荷重によって重心が不安定となり機動性の低下著しく、単なる標的になりやすいため兵士からの評判は大変悪い。
偵察型
探査装置の貧弱なリガード部隊の「目」となるべく改良されたワンマン偵察ポッド。本体を共用し、索敵用にセンサーやレーダーを搭載している。ただし一切の火器を排除しているため、基本的に護衛の戦闘ポッドが随伴する。また、搭載しているセンサーやレーダーは強行偵察機ケルカリア同様、開発当初の性能は発揮されていない可能性が高い。エクトロメリア第979972010全自動兵器廠で開発され、大量生産されている。
新統合軍仕様型
1992年にPCエンジンで発売された『超時空要塞マクロス 永遠のラブソング』に登場する、白の基調の塗装に統合軍マークがつけられた機体。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。