FANDOM


テンプレート:Infobox Single星間飛行」(せいかんひこう)は、ランカ・リー=中島愛の1作目のシングル2008年6月25日flying DOGJVCエンタテインメント)から発売された。

概要 編集

MBSTBS系テレビアニメ『マクロスF』の挿入歌。作中ではヒロインのひとりであるアイドル歌手ランカ・リーの曲として使用された。ランカ役の声優中島愛にとってこれがデビューシングルとなる。なお、劇中での使用頻度の高さや印象の強さから本曲がランカのデビュー曲と誤解されることがあるが、正しくは第9話でティッシュ配りのキャンペーンをした「ねこ日記」である。

作曲の菅野よう子は「ランカのデビュー曲は、いわゆる堂々としたメロディと歌詞の曲が似合う[1]」と考え、松田聖子らアイドル歌手の作詞を多数手がけた松本隆に依頼した。「銀河一のアイドルのデビュー曲」という依頼に対し、松本は歴代マクロスシリーズ作品へのオマージュを織り込みながら、宇宙へと飛躍するラブソングを作詞した[2]。歌詞の「キラッ!」は音程の低さが理由で菅野が作詞した[3]振り付けPaniCrewのYOHEY(佐々木洋平)が担当し、『マクロスF』オフィシャルサイトでFlashアニメの振り付けムービーが公開されていた[4]が、現在は公開を終了している。

CD発売週末に放送されたアニメ第12話にてランカが「星間飛行」を歌うシーンが登場し、ネットを中心に話題となった。とくにサビ直前のフレーズとアイドル的な決めポーズ[5]が反響を呼び、他のキャラクターに置き換えた動画投稿も盛んに行われた[6]。なお、このポーズは国際手話の「愛している」のサイン(立てた小指が"I"、親指と人差し指が"L"、人差し指と小指が"Y"で「I Love You」)と同じである[7]。菅野はフレーズに星印を足すアイデアを出したほか、ライブでは演奏の合間に振り付けを踊って観客を驚かせた。

『マクロスF』の制作スタッフはデモテープに衝撃を受け、この歌が引き立つようシナリオや演出を変更した。振り付けや画面上に星が飛ぶエフェクトのタイミングまで試行錯誤を重ねており、河森正治総監督は「これを聴かせるためだけに第12話が作られていると言ってもウソじゃありません(笑)」とコメントしている[8]。また、反響の中で「主題歌じゃないんですか」という声があったため、第17話のみ特別に星間飛行バージョンのオープニング映像を制作した。河森の思いつきで放送2週間前に決まったため、歌っている中島自身が放送を見て驚いたという[9]

収録曲 編集

  1. 星間飛行 [3:51]
    作詞:松本隆、作曲・編曲:菅野よう子
  2. ねこ日記 [4:18]
    作詞:一倉宏、作曲・編曲:菅野よう子
  3. 愛・おぼえていますか -デカルチャーエディションsize- [2:38]
    作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦、編曲:菅野よう子
  4. 私の彼はパイロット -MISS MACROSS 2059- [1:53]
    作詞:阿佐茜、作曲:羽田健太郎、編曲:保刈久明・菅野よう子
  5. 星間飛行 -without Ranka-
  6. 愛・おぼえていますか -デカルチャーエディションsize without Ranka-

収録アルバム 編集

カヴァーしたアーティスト編集

補足 編集

星間飛行は、後にNHK総合2010年3月29日から放送された「あさイチ」でタイトルジングルとして開始当初、一時的に採用された。

歌詞は、身近なイメージから、徐々に宇宙的な広がりを見せるように作詞している(音楽風待茶房 季節の松本 第11回「アニメソング(前編)」の松本隆の発言)。

脚注 編集

  1. アニメージュ」2008年11月号付録 トライアングラーBOOK p10
  2. 風待茶房 季節の松本 第11回 アニメソング(前編)
  3. 松本隆Twitter、2011年5月9日ツイート
  4. 星間飛行~みなさんご一緒に! 振り付けクリップテンプレート:リンク切れ
  5. ジャケット画像
  6. kizasiジャーナル 2008年8月11日配信 今熱い深夜アニメ「マクロスF」
  7. 『マクロスF』 DVD / BD第5巻音声特典 第12話オーディオコメンタリーより
  8. 週刊ファミ通」2008年10月17日号
  9. プレセペ・ニュース 「中島愛さん、河森総監督登場! 『マクロスF』Blu-ray Disc&DVD発売記念イベントレポート!」

テンプレート:中島愛

es:Seikan Hikou

zh:星間飛行

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。