FANDOM


マクロスシリーズ > 超時空要塞マクロス > 超時空要塞マクロスの登場人物一覧

超時空要塞マクロスの登場人物一覧(ちょうじくうようさいマクロスのとうじょうじんぶついちらん)は、テレビアニメ超時空要塞マクロス』に登場する架空の人物の一覧である。

キャスト、劇中での位置づけ等はすべてテレビアニメ版『超時空要塞マクロス』に基づく。劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』および、関連するその他の作品における位置づけについては、各登場人物ごとの記事を参照。

アメリカにおいて、本作を含めた3作品[1]を連続するストーリーとして再編集されたテレビアニメ作品『ロボテック』(英字表記:Robotech:The Macross Saga)では人物名が変更されている。詳細はロボテック#スタッフとキャストを参照。

本項では内容の差異によりテレビ版劇場版『ロボテック』版などに分別して詳述する。

テンプレート:ネタバレ

主要人物 編集

一条輝(いちじょう ひかる)
- 長谷有洋
テレビ版 - 主人公。民間人から統合軍のパイロットとなり、バーミリオン小隊、スカル小隊、スカル中隊隊長などを歴任する。
劇場版 - 統合軍スカル小隊のパイロット。
リン・ミンメイ(鈴明美)
声 - 飯島真理
テレビ版 - 中華料理店の娘からマクロス艦内でアイドル歌手となる少女。
劇場版 - マクロス艦内のアイドル歌手。
早瀬未沙(はやせ みさ)
声 - 土井美加
SDF-1マクロスの主任航空管制官。

地球統合軍 編集

マクロスブリッジクルー 編集

ブルーノ・J・グローバル(Bruno J. Global)
声 - 羽佐間道夫
統合軍准将、SDF-1マクロス艦長。
クローディア・ラサール(Claudia La Salle)
声 - 小原乃梨子
テレビ版 - アメリカ出身。統合宇宙軍中尉(後に少佐まで昇進)。24歳。マクロスの航法・火器管制主任オペレーター。ブリッジの女性オペレーター中最年長のまとめ役で、過酷な状況下でもゆとりを失わず、機知に富むユーモアで周りを和ませる。状況判断も沈着冷静で、グローバル艦長の補佐役・秘書的存在としても貢献。人生経験豊富で懐の深い大人の女性。グローバル不在時はブリッジの指揮を代行する。
コンビを組む未沙とは、南アタリア島のマクロス乗員訓練選抜センターでルームメイトになって以来の親友。プライベートでも良き相談相手で、輝に素直に気持ちを伝えられない彼女を気遣い、恋愛面の指南役を買って出ている。理想的なカップルとして公認の仲であるフォッカーとは、統合戦争中配属された片田舎の基地で出逢った。当時は軽薄なプレイボーイと軽蔑していたが、南アタリア島で再会した後、フォッカーの孤独な一面を癒す母性的な愛に目覚める。恋人よりも深い絆で結ばれたパートナーとなるが、ゼントラーディ軍との戦闘で先立たれる。以後、その悲しみを胸にしまい気丈に振舞うが、ふとした折に寂しさを洩らす場面もある。
ヴァネッサ・レイアード(Vanessa Laird)
声 - 佐々木るん
テレビ版 - フランス出身。21歳。統合宇宙軍所属。マクロスのブリッジオペレーターのひとりで、主に通信・レーダーを担当。同僚のキムとシャミーと共に「ブリッジ3人娘」と呼ばれ、勤務外でも行動を共にすることが多い。
プライベートでは他の二人同様かしましい面も見せるが、ブリッジではクローディア・ラサールに次ぐ20代の女性士官であり、職務中は有能な仕事ぶりに信頼を置かれている。普段は眼鏡をかけている。
キムやシャミーと違い、軍人として将来有望であり、第一次星間大戦終結後の新統合軍中枢司令センターで早瀬未沙の補佐としてひとりだけ大尉に昇進する。
その後 - 元ゼントラーディ軍第8強行偵察部隊のロリーと結婚し寿退役。共働きで小さな雑貨店を開くが、ロリーがアルコール依存症になり閉店。家計のためホステスとして働く。しかし美貌としとやかさに常客が付き、高級クラブのママとなり多忙な生活を送ることになる。35年後の2045年、地球のマクロス・シティの高級マンションに暮らし、ロリーが3人の子供の面倒を見ている。同じくアルコールで身を持ち崩したワレラとコンダも居候し、同居生活を送る[2]
佐々木のアメリカ合衆国移住につき、プレイステーション2ゲームソフト超時空要塞マクロス』では佐久間紅美が演じている。
ロボテック版-氏名がヴァネッサ・リーズ(Vanessa Leeds)に変更されている。
他のキム・ヤング(Kim Young)、サミー・ポーター(Sammy Porter)と併せた三人組がアメリカナイズされた宇宙戦艦ヤマトである"スター・ブレザース"(宇宙戦艦ヤマト・テレビシリーズ I / II / III)ファンダムに由来するブリッジ・バニー("Bridge Bunnies" )とジャック・マッキーニ(JacK McKinney)共同ペンネームによる小説版に由来する「テリブル・トリオ」("The Terrible Trio"/ 恐るべき三人組)の異名を持つ。[3] 詳細はMacross operatorsの記載を参照のこと。
キム・キャビロフ(Kim Kabirov)
声 - 鶴ひろみ
テレビ版 - 南アジア連邦出身。19歳。統合宇宙軍所属。マクロスのブリッジオペレーターの一人で、主に艦内管制や艦内放送を担当。
ボーイッシュな容姿で、少々気が強く男勝りなところがある。職務はそつなくこなすがさばけた性格で、仕事とプライベートを割り切るタイプ。精神的に幼いシャミーに対しては姉の様に振舞っており、時々的外れな発言や自信過剰な態度をとるシャミーをからかっては、反応を楽しんでいる節がある。
劇場版 - 髪の色が寒色系から暖色系に変更されている。
その後 - 特別仕事熱心な訳でもなかったが、ヴァネッサとシャミーが先に結婚し、人員不足もあり軍に居残ることになる。思惑に反して主任オペレーターなどキャリアコースを辿り、10年後には巡洋艦の副長(少佐)となる。いずれは艦長とも噂されるが、本人はまだごく普通の結婚生活に憧れている模様である。2045年現在、惑星エデンの将官用マンションで独身生活中[2]。また、2059年を舞台とする『マクロスF』の小説版『マクロスフロンティア』では新統合軍の中将として登場し、マクロス13の艦長を務めている他、「キャビロフ学校」なる軍内派閥すら存在する。
ロボテック版 - 氏名がキム・ヤング(Kim Young)に変更されている。
詳細な記載については「ロボテック版」のヴァネッサ・リーズ(Vanessa Leeds)の記載を参照のこと。
シャミー・ミリオム(Shammy Milliome)
声 - 室井深雪
テレビ版 - フィンランド出身。統合軍所属。18歳(乗艦時)。マクロスのブリッジオペレーターのひとりで、主に艦内管制を担当。
メインブリッジクルーの中では最年少。華奢な身体に腰まで届くロングヘアという風貌。やや常識外の感性の持ち主で、子供じみた思いつきや天衣無縫な物言いを繰り返して周囲を呆れさせているが、屈託のない明るさで戦時下の緊張を和らげるムードメーカーでもある。勤務中の私語が多いものの根は真面目で、ブリッジ内の禁煙規則に関してはグローバル艦長相手でも常に厳しい。
仕事ぶりはそれなりに有能で、訓練課程で航空管制の教育を受けた女性士官が未沙、クローディアと彼女の3名だけであり、他に要員がいないという理由もあるが未沙の不在時には航空管制オペレーターを代行する。ただし、持ち場以外を任されると舞い上がり、曖昧で頼りない管制能力に一部のパイロットから「皆殺しのシャミー」なるあだ名をつけられる。それでも懸命に職務に励み、ボドル基幹艦隊との決戦時には異動によりマクロスを去った早瀬未沙の後任として任務を成し遂げる。
ドラマレコード『超時空要塞マクロス Vol.III MISS D.J.』では、リン・ミンメイの深夜ラジオ番組「星のささやき」のCMコーナーで「統合軍入隊勧誘ソング」を歌っている。その奇妙な出来栄えが軍上層部で物議を醸したが、グローバル艦長の許可で放送中止をまぬがれるという顛末もある[4]
その後 - ボドル基幹艦隊の地球総攻撃で肉親を失った者が多い中、シャミーの家族は月面アポロ基地で難を逃れていた。周りの勧めで退役し、しばらく両親と同居した後財閥の御曹司と見合いをする。先方に気に入られ、参加者3000人という豪華な結婚式を挙げる(仲人はグローバル提督)。その後、幸福な玉の輿生活を送り、2045年現在11人の子宝に恵まれ月面アポロ基地植民コロニーで暮らしている[2]
ロボテック版 - 氏名がサミー・ポーター(Sammy Porter)に変更されている。
詳細な記載については「ロボテック版」のヴァネッサ・リーズ(Vanessa Leeds)の記載を参照のこと。

パイロット 編集

ロイ・フォッカー(Roy Focker)
声 - 神谷明
テレビ版 - 統合軍スカル大隊の隊長を務めるエースパイロット
劇場版 - 統合軍スカル小隊の隊長。
マクシミリアン・ジーナス(Maximilian Jenius)
声 - 速水奨
テレビ版 - 一条輝率いるバーミリオン小隊の隊員。愛称はマックス。後にミリア・ファリーナの夫となる。
劇場版 - 統合軍スカル小隊の隊員。後に隊長となる。
柿崎速雄(かきざき はやお)
声 - 鈴木勝美
テレビ版 - SDF-1 マクロス艦内で統合軍に入隊。輝の部下となり、バーミリオン小隊2番機に搭乗する(階級は伍長)。搭乗機はVF-1A バルキリー(柿崎専用機)。日本人離れした体格の持ち主で、性格も大らか。戦闘中も軽口を叩いて突進しては仲間に救われたりするが、憎めないところがある。大食漢で、17歳ながら色事にも通じている。
艦内で入隊し訓練を受けたパイロットとしては成績優秀な方ではあったが、元スタントパイロットの輝、天才肌のマックスといった精鋭の同僚達の中にあっては凡庸で精彩を欠き、引き立て役に回ることになる。それでも嫉妬や卑下といった感情は見せず、振舞いは常に明るく前向き。戦闘での貢献がないわけでもなく、地球帰還までの激戦を生き抜く。同僚や早瀬未沙とともにゼントラーディ軍の捕虜となり、無事マクロスへ生還後少尉へ特進する。しかし、オンタリオ市上空戦においてマクロスが展開した全方位バリアの暴走時、脱出が遅れ死亡する。
劇場版 - スカル小隊3番機(スカル12)のパイロット。搭乗機はVF-1A バルキリー/スーパーバルキリー(柿崎専用機)。輝との関係も部下と上司ではなく同僚同士という設定で、フォッカー戦死後隊長になったマックスの太鼓持ちのような存在となる。相変わらずの凡才で、メルトランディ軍迎撃のため出撃中、輝に軽口を叩いている間に敵軍のエース、ミリア639が放った初弾を受け戦死する。
解説 - 関東のSFサークル界でいわゆるビッグネームファンとして知られた柿崎一吉をモデルにしている[5]。第24日本SF大会の実行委員長を務め、ガイナックス武田康廣によれば「身長180cm以上の大男で、豪放磊落を絵に書いたような人物だった」という。なお、作中では柿崎の父親の名が「一吉」とされている。
企画段階では、バーミリオン小隊2番機はパイロットが次々と戦死する「魔の2番機」と設定されており、柿崎はその最初の犠牲者となる予定であった。テレビシリーズでは食堂でサーロイン・ミディアムの特大ステーキを注文するが、食べ損ねたまま緊急出撃して戦死する。脚本では一口も食べられないはずだったが、哀れに思った作画監督平野俊弘が「一切れだけ」食べさせてやろうと修正したという話がある。
劇場版では前触れもドラマ的な盛り上げもなく、突然撃墜されてそのまま死亡する。この場面について河森正治は、当時の諸作品がキャラクターの死に際の場面を盛り上げていたことに対し、現実の戦場では「ほとんどが無駄死に」であり、それを表現したらどうなるかという観点から描いたとしている[6]。以降発表される関連作品においても柿崎の被撃墜・死についてはテレビシリーズ版・劇場版を意識した描かれ方がされている。
  • アーケードゲーム『超時空要塞マクロス』5面においては、柿崎機(VF-1A)は冒頭で撃墜される。
  • プレイステーション2用ソフト『超時空要塞マクロス』では柿崎機(VF-1A)を選択して上記の撃墜された面を出撃すると、TV版ルートではステージの最後に、劇場版ルートでは冒頭で柿崎が死亡するデモが流れた後、強制的にステージ終了となる。その後、リザルト後のセーブ画面でステーキの画像が追加されるというおまけ要素がある。
  • スーパーロボット大戦シリーズ」では、毎回のように撃墜され、その度に生還するというパターンとなっており、そのためにラストまでプレイヤーキャラクターとして使用できる。なお、『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』の中断メッセージでは柿崎が「バルキリー乗りの間では出撃前にパインサラダの話題は禁句」と発言して(ロイ・フォッカーを参照)、自分は出撃前に食べ損ねたステーキを食べに行き、輝に「柿崎にジンクスは関係ない」と言われるものがある(なお、パインサラダとステーキのエピソードはTVアニメ版に由来するが、『第3次α』での『マクロス』は劇場版のみの出演である)。さらに、劇場版(および『α』)でミリアに撃墜されたことを受け、ミリアに対する援護攻撃で「俺を撃ち落とすなよ」という専用の台詞も用意されている。
  • マクロスF』第23話では劇場版での最期に関連して、「バルキリー乗りが作戦中に女のことで同僚をからかうと撃墜される」というジンクスが登場する。
  • プレイステーション・ポータブル用ソフト『マクロスエースフロンティア』においては、専用の特殊技として「最後の晩餐」が用意されている(他のキャラクターでも成長させれば使用可能)。スキル一覧でこのスキルを見るとアイコンがステーキになっており、使用すると直前の柿崎の声が再生される(乗機をマクロスにして使用すると、自機を包み込むタイプなので全方位バリアの真似になる)。さらには初期ステータスが全て42になっている。続編の『マクロスアルティメットフロンティア』では、テレビ版・劇場版ともに柿崎の最期のシーンがステージの演出として追加された(プレイヤー機も敵を全滅させる前に巻き込まれると作戦失敗になる)。さらに、娘々ショップでの解禁ポイントが4242ポイントになっている。
『ロボテック』版 - 名前がBen Dixonに変更されている。2003年のコミック版Robotech: Love & War(愛と戦争)では、軍に入隊する以前からの知り合いであると設定されたマックスと友情も描かれ、両親も登場している[7]
松木浩明(まつき ひろあき)
声 - 河合義雄
テレビ版 - 柿崎の戦死後、スカル中隊に配属されるパイロット。台詞はあるが特に活躍する場面はない。
劇場版 - 登場しない。
『ロボテック』版 - 名前がTommy William(トミー・ウィリアム)に変更されている。DCコミック子会社ワイルドストーム社の2003年のコミック版Robotech: Love & Warではcoporal Jensen Ackles(ジェンセン・アクレス伍長)とされている。

その他 編集

マイストロフ(Maistrov)
声 - 中博史
テレビ版 - 統合軍の大佐。グローバル艦長の補佐で、艦長不在時には指揮を代行する。軍人らしい思考の持ち主で、艦長の方針に意見することもある。ゼントラーディ軍の停戦特使エキセドル・フォルモの護送中には、文化についての質問攻めに困惑する。
劇場版 - 登場しない。
パナップ(Panapp)、ポッキー(Pocky)、メイ(May)
声 - 鶴ひろみ(パナップ)、佐々木るん(ポッキー)、米山あつ子(メイ)
テレビ版 - マクロスのピンポイントバリアを操作するオペレーター。ブリッジの交代要員も務める。外見ではロングヘアーの女性がパナップ、パーマヘアーの女性がポッキー、背の低い女性がメイである。名前はグリコの菓子商品名からのパロディ。
劇場版 - 登場しない。
ライバー・フォン・フリューリンク(Riber von Fruhling)
声 - 鈴置洋孝
テレビ版 - 統合軍の少尉。士官学校時代滞在した日本で早瀬未沙と知り合い、未沙の初恋の人となる(ライバー自身は亡くなった妹の身代わりのように思っていた)。軍人ながら戦いを好まず、観測隊員を希望して火星サラ基地へ配属される。統合戦争中、地球への帰還途中に反統合ゲリラの襲撃を受けて行方不明となる。外見は後に登場するリン・カイフンに酷似している[8]
劇場版 - 未沙の前で砂のようになって消えるイメージが描かれている。
『ロボテック』版 - 名前が カール・ライヴァー(Carl Riber、又は Karl Riber)に変更されている。階級はFirst lieutenant中尉[9]
2004年のコミック版 Robotech:Invation 収録の"Mars Base One"(火星第一号基地)では、その最期についての設定も変更されて描かれた[10]
早瀬隆司(はやせ たかし)
声 - 阪脩
テレビ版 - 早瀬未沙の父。統合戦争中、統合軍極東方面司令官として数々の功績を残し、提督としてアラスカ統合軍総司令部に勤務する。ブルーノ・J・グローバルは統合戦争時の部下であった。家族を愛する父親だが、軍人としての職務には厳格。多忙のため妻沙紀子(さきこ)の死に目を見とれず、一時期未沙と疎遠になる時期もあった。娘を想う気持ちが強い一方、職務中は常に上官として接する。
マクロス帰還時、記録により死亡したとされていたマクロス乗組員の上陸を許さず、事実上の地球追放命令を出す。その後グランドキャノンの開発を急ぎ、ボドル基幹艦隊襲来時は同兵器による迎撃に成功するが、その後の更なる攻撃により戦死する。
劇場版 - 登場しない。
『ロボテック』版 - 名前が「ドナルド・ハイエス(海軍/宇宙軍)提督」(Admiral Donald Hayes)となっている。2004年のコミック版Robotech:Invention収録の"Mars Base One"では、妻は彼を狙った反統合軍勢力の爆弾テロの巻き添えで死んだことになっている。
技師長
声 - 稲葉実
テレビ版 - マクロス艦内工廠の開発主任。トランスフォーメーションピンポイントバリアの発案者。
劇場版 - 登場しない。
漫画版 - 『超時空要塞マクロス THE FIRST』には登場せず、女性のジーナ・バルトロウ少佐となっている。
『ロボテック』版 - ドイツ人であるとされ、ヴェルナー・フォン・ブラウンを参考に人物描写が肉付けされている。
無名の日本版と異なり、「エミール・ラング」工学博士(Dr.Emil-Lang)と命名されている。後のオリジナルコミックスや海外版オリジナルアニメRobotech II: The Sentinelsではさらに重要な発明をするキャラクターとなり、本編より出番が多くなっている。
町崎健一(まちざき けんいち)
声 - 中原茂
テレビ版 - 第一次星間大戦終戦後の新統合軍司令センターのスタッフ。気が弱く、同僚のヴァネッサ、キム、シャミーにいじめられる。モデルは本作の脚本家、松崎健一
劇場版 - 登場しない。
ジャスティ・ボーグナイン
テレビ版 - 一条輝と共にチタニウム勲章を受章する兵士。エキセドル・フォルモを護送する運転手としても登場する。
劇場版 - 登場しない。

民間人 編集

ミンメイの親族・家族 編集

リン・カイフン(鈴海皇)
声 - 鈴置洋孝
テレビ版 - 南アタリア島で中華料理店「娘々」を営む、鈴少江(リン・シャオチン)と鈴慧中(リン・フェイチュン)夫妻のひとり息子。反戦主義者で軍人や軍隊を嫌っている。リン・ミンメイとは従兄妹の関係にあたり、幼少期から兄妹のように育った。両親が南アタリア島に移住すると決めた際、統合戦争のきっかけとなったマクロスの足元に住むことに反対し、勘当に近い勢いで家を飛び出し、世界中を放浪していた。2009年11月、横浜でミンメイと再会。彼女の目付け役として同行することを引き受ける。
マクロス艦内では、暴力沙汰で負傷した際、ハンカチを差し出した早瀬未沙の好意を、軍人だからという理由で冷たく拒否し、戦時下においてはマスコミを利用してまで非暴力を訴える。常に軍人への反感と敵意を剥き出しの状態にするが、マクロスに地球外出撃命令が出され、グローバル艦長が断腸の思いで発表した際には、会見後の彼に歩み寄りその労をねぎらう心遣いを見せる。
マクロス乗艦後まもなく、二枚目カンフーの腕を見込まれ、ミンメイ主演映画『小白竜(シャオパイロン)』の共演者に抜擢される。アクションシーン中、特撮で手から放った光線がゼントラーディ軍に「超能力者」と誤解される。ミンメイのサポート役にまわるが、彼女のスター性に惹かれ、親族の垣根をこえプロポーズを果たす。
第一次星間大戦終決後は、ミンメイの専属マネージャーとして共に地球各地を巡業するが、結婚に踏み切れないミンメイの態度や彼女の人気の凋落に焦り、次第に空回りが目立つようになる。また、かつての反戦主義思想から戦後による不況を全て統合軍が悪いと考えるようになり、酒びたりとなる。最終的には、市民の扇動などの強引で無思慮な行動を繰り返したことで徐々にミンメイの心が離れていったため、ミンメイの元を去り再び放浪の旅に出ていずこかへと姿を消す。
劇場版 - リン・ミンメイの実兄であり、やり手のマネージャー兼音楽プロデューサーとしてミンメイの芸能活動を取り仕切っている。大切な女性として大スターへの飛躍を願っているが、プロ意識が強すぎるゆえ、ミンメイを疲れさせているようである。一条輝VT-1で宇宙へ飛び出したミンメイを早瀬未沙と共に追いかけたり、ミンメイの危機にキスの相手役を買ってでるなど、出番は少ないもののテレビ版よりも行動的で常識的な人物像に修正されており、ボドル基幹艦隊との決戦ではミンメイの歌を戦場全域に中継して勝利に大きく貢献する。
なお、富田祐弘作の小説版や脚本原本では役回りが多く、得意の演説を打ったり、マネージャーとして輝にミンメイとの関係清算を求める場面などもある。しかし、制作にあたり、監督の河森正治は2時間内でストーリーをまとめるため、カイフンやカムジンら個性の強い脇役の出番を大幅に減らしたと明かしている。
その後 - 『マクロス7』の企画アルバム『ENGLISH FIRE!!』のライナーノートには、FIRE BOMBERのコピーバンド「Fire Bomber American」をプロデュースした人物として名が載っている。
ロボテック』版 - 氏名が "Lynn Kyle"に変更され、アカデミー(Academy)社のロボテック II:『センチネルズ』や、ワイルドストーム(Wildstorm)社の『シャドウ・クロニクルへの序曲』では幽閉されたミンメイを助けようとして、謀反軍のトーマス・リリイ・エドワード准将(T.R.Edwards)に撃たれるなど比較的重要な役柄を果たしている。
リン・シャオチン(鈴少江)
声 - 稲葉実
テレビ版 - ミンメイの伯父。妻フェイチュンと共に横浜から南アタリア島に移住。中華料理店「娘々(ニャンニャン)」を経営し、姪のミンメイを預かっていた。カイフンの父だが、親子仲は複雑で一時は勘当していた。マクロス艦内市街地でも店を開き、統合軍兵士の憩いの場となる。台詞の語尾に「な」をつけるのが特徴。
劇場版 - 登場しない。
リン・フェイチュン(鈴慧中)
声 - 鳳芳野
テレビ版 - カイフンの母で、「娘々」を夫シャオチンと共に経営する。香港出身で旧姓は陳。日本に渡り、少女歌手「李梅花(リ・メイファ)」として芸能界で活躍。モデルに転向後、後援会会長のシャオチンと結婚する。ミンメイの歌手志望はこの伯母の影響によるもの。
劇場版 - 登場しない。
リン・パオチュン(鈴宝雄)、鈴しげよ(リン - )
声 - 藤井つとむ(パオチュン)、水倉久美子(しげよ)
テレビ版 - ミンメイの両親で、カイフンの叔父夫婦。横浜中華街の中華料理店「明謝楼(ミンシャロウ)」を経営する。父パオチュンは兄嫁フェイチュンの芸能界での苦労を知るため、ミンメイの歌手デビューに反対していた。夫婦ともにボドル基幹艦隊の攻撃により死亡する。
劇場版 - 登場しないが、ミンメイの台詞の中で地球にいる両親のことが語られる。

マクロスの住民 編集

町会長
声 - 阪脩
テレビ版 - 南アタリア島市街地の町会長で、マクロスに乗艦した後も町会長を務める。関西弁を話し、夫人とよく行動を共にする。リン・ミンメイをミス・マクロスコンテストに推薦する。
劇場版 - 登場しない。
よっちゃん
声 - 小粥よう子、第1、2話は鳳芳野
テレビ版 - 「娘々」の向かいの蕎麦屋の息子で、ミンメイと仲がよい。よっちゃんは「よしお」の愛称。
劇場版 - 登場しない。
その後 - 本作より35年後(『マクロス7』の年代)には「娘々」の 経営者となり、全銀河規模でチェーン展開する[2]
ロボテック』版 - 名が"Jason"に変更。その他は日本のテレビ版に同じ。
ジャミス・メリン(Jamis Merin)
声 - 米山あつ子
テレビ版 - ハリウッド女優。マクロスの進宙式にゲストとして招待されたが、フォールドの際に巻き込まれマクロス内部で生活することになる。彼女の経歴からすれば審査員になってもいいはずだが、自らミス・マクロスコンテストに出場。優勝を確実視されていたが、最終選考でリン・ミンメイに敗れる。その後はミンメイに度々いやがらせをする。
劇場版 - 登場しない。
ロボテック』版-DCコミック社の子会社、ワイルドストーム(Wildstorm)社の漫画『ロボテック: フロム・ザ・スターズ(星界から)』(Robotech: From The Stars)では、 本名「ジャネット・モリス」(Janet Morris)こと芸名「ジャン・モリス」(Jan Morris)[11]、に氏名変更。漫画版ではデザインが描き直され、歌手として2005年に「マクロス・アイランド」に遠征、コンサートツアーを行う。容姿や魅力もミンメイのライバルに見合うだけの水準にグレードアップされた。[12]
ケント・フライヤー
テレビ版 - 歌手デビュー前のミンメイを指導する作曲家。モデルは本作の音楽担当の作曲家、羽田健太郎
劇場版 - 登場しない。
ショウ・ブラクストーン
声 - 石黒昇
テレビ版 - 映画「小白龍」の監督。モデルは本作のチーフ・ディレクター、石黒昇。ドラマレコード『超時空要塞マクロスIII Miss D.J』作中のラジオ番組にもゲスト出演している。
劇場版 - 登場しない。
瑞原春香 (みずはら はるか)
声 - 小粥よう子
テレビ版 - 第17話で入院した一条輝を担当する看護婦。本作の後番組『超時空世紀オーガス』のヒロイン、ミムジィ・ラースのキャラクターテストモデルでもある。
劇場版 - 登場しない。

第一次星間大戦後の登場人物 編集

コミリア・マリア・ファリーナ・ジーナス(Komilia Maria Fallyna Jenius)
テレビ版 - マクシミリアン・ジーナスとミリア・ファリーナ・ジーナスの長女。愛称は「マリア」。第一次星間大戦において地球人とゼントラーディメルトランディ)間の初の星間混血児として生を受け、TV版第30話「ビバ・マリア」において工場衛星奪取任務のための「カルチャーショック作戦」の重要な「小道具」としてミリアとともにVF-1Jバルキリーのコンテナ状揺りかごに搭載されて「子連れ」出撃する。
劇場版 - 登場しない。
ゲーム版 - 幼児期以外では超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-へ連なる世界観のPCエンジンSUPER CD-ROM²ゲームソフト超時空要塞マクロス2036』において初出する。西暦2036年、ヌェルド基幹艦隊の襲来においてはゲームオリジナル機体VF-1SR(VF-1Sの改良型バルキリー参照)を駆って活躍。
その後メサイヤより発売されたPCエンジン対応のゲームソフト『超時空要塞マクロス 永遠のラブソング』においても、ブリタイ・クリダニクらの艦隊の援軍としてVF-4 ライトニングIIIを駆って参入、主人公の霧生隼人らと共に「ブラド基幹艦隊」に立ち向かい、勝利を収める。
ゲーム版では高田由美が演じている。
『ロボテック』版 - 名前はDana Sterlingに変更されている。第2シーズンの"The Robotech Masters"(日本では『超時空騎団サザンクロス』)の主人公・ジャンヌと同一人物にされている。

ゼントラーディ軍 編集

第118基幹艦隊 編集

ボドルザー(Boddole Zer)
声 - 市川治
テレビ版 - ゼントラーディ軍第118基幹艦隊(ボドル基幹艦隊)司令長官。乗艦は基幹艦隊旗艦フルブス・バレンス。ブリタイ・クリダニク率いる第67グリマル級分岐艦隊、ラプラミズ率いる基幹艦隊直衛艦隊などを含む総勢約480万隻の艦を統括する存在。
ブリタイがSDF-1マクロスから連れ帰った地球人類の捕虜が持つ文化を目の当たりにして、地球人類がプロトカルチャーではないかという疑念を抱き、マクロス艦内にスパイを送り込むことを命じる。そのスパイによる調査の結果に加え、ブリタイ艦隊のマクロスとの同盟締結という事態に至り、地球人類がプロトカルチャーであると断定。このままゼントラーディ軍がプロトカルチャーの文化に汚染されることを恐れ、基幹艦隊全軍を挙げてブリタイ、ラプラミズ両艦隊もろとも地球人類を抹殺することを決定する。
地球の周囲全域にデフォールドした基幹艦隊の一斉砲撃により地球の全生命体の99%を死滅させることに成功するが、マクロス・ブリタイ艦隊同盟軍の「リン・ミンメイ作戦」により基幹艦隊の戦力は大きく低下、最終的に「マクロス・アタック」によりフルブス・バレンスに突入したマクロスの反応弾一斉発射を受け、最期を迎える。
太った禿頭の中年男性といった容貌であり、声を演じた市川治は、敵の総大将だ、という説明を受けて、今まで自分が得意とした美形悪役のつもりで演じたが、後でその顔を見て驚いたという。
劇場版 - 名前はゴル・ボドルザー[13]またはゴルグ・ボドルザー[14]。ゼントラーディ軍第425基幹艦隊を率いる、製造から12万周期の時を経た機動要塞の中枢生体ユニット。通常のゼントラーディ人よりも更に巨大で、彼らとマイクローン程の身長差がある。長い時を生きるうちにわずかながら文化を解読する能力を有しており、プロトカルチャーの残したのメロディが記録されたメモリープレートを回収、保有している。
ブリタイ7018の連れ帰った捕虜の一人リン・ミンメイに歌を歌わせることで対立するモルク・ラプラミズ率いるメルトランディ艦隊の戦力を減衰させることを考え、地球に帰還したマクロスと同盟を結ぶ。しかし、メルトランディ艦隊の襲撃に際しても歌が完成しないことに業を煮やし、マクロスもろともメルトランディ艦隊を撃滅することを決定、機動要塞の主砲攻撃により友軍艦隊ごとメルトランディの機動要塞を撃沈させる。その行為がブリタイの反感を招くことになり、さらに完成したミンメイの歌にゼントラーディ、メルトランディ両軍の兵が触発され、ブリタイの号令によりその多くを敵に回すこととなる。最期は一条輝の操縦するVF-1Sの銃撃を受け、崩壊する。
ロボテック』版 - 名がドルザ(Dolza)に変更、その他は日本版テレビシリーズに同じ。

第67グリマル級分岐艦隊 編集

ブリタイ・クリダニク(Vrlitwhai Kridanik)
声 - 蟹江栄司
テレビ版 - 第67グリマル級分岐艦隊司令。
劇場版 - 名前はブリタイ7018。第425基幹艦隊所属7018アドクラス艦隊司令。外見のデザインが変更された。
ロボテック』版 - 読みはブリタイのままだが、英文字綴りがより一般的なBreetaiに変更、日本版より出番が多い。詳細は 「ブリタイ・クリダニク#『ロボテック』版」 を参照。
エキセドル・フォルモ(Exsedol Folmo)
声 - 大林隆介
テレビ版 - ブリタイ艦隊所属のゼム一級記録参謀。
劇場版 - 名前はエキセドル4970。ブリタイ艦隊の記録参謀。外見が大きく変更された。
ワレラ・ナンテス(Warera Nantes)、ロリー・ドセル(Loli Dosel)、コンダ・ブロムコ(Conda Bromco)
声 - 鈴木勝美(ワレラ)、藤井つとむ(ロリー)、目黒裕一(コンダ)
テレビ版 - 第67グリマル級分岐艦隊司令部第8強行偵察部隊、コードネーム「青い風」に所属する兵士。太った兵士がワレラ、背の低い兵士がロリー、背が高く長髪の兵士がコンダ。偵察艇ケルカリアにてマクロスへの偵察任務で出撃した際、艦内で行われていた「ミス・マクロス」コンテストの放送を傍受し、地球の文化に触れた最初のゼントラーディ人となる。
のちに志願してマイクローン調査員となり、マクロスに潜入した彼らは文化の虜になっていく。一度は帰還したものの、その際にミンメイ人形をはじめとする文化の産物を持ち帰り、上層部に無断で同僚兵士らに披露したことによって多くの兵士たちが文化に目覚め、ついには再びマイクローン化して集団脱走しマクロスに亡命する。戦後はマクロス・シティに住み、職を転々としながらも真面目に働く。いつのまにかブリッジ三人娘(ヴァネッサ、キム、シャミー)らと仲良くなって交際しており、戦後のマクロスシティでは仲睦まじい姿も目撃されるが、その後はあまり幸多い人生とは行かないようである。
3人の名前をつなげて読むと「ワレラロリコンダ(我らロリコンだ)」となる。
劇場版 - 名前(製造番号)はワレラ25258ロリー28356コンダ88333。キャスティングもワレラはジェフリー・スミス、コンダはケント・ギルバートに変更されている。
マクロス強襲部隊の隊長格として初めてマクロス内部に侵入。彼等にとって、対立しあっているはずの男と女が共存しているマクロスの世界に驚愕する。また、調査のために、マクロスから回収したいくつかのサンプルの中には、ミンメイ人形もあった。他のゼントラーディ兵士達と共に、ミンメイ人形のことを怯えながら警戒しており、人形が動き出して歌を歌いだした時には、音波攻撃と錯覚して一時混乱状態に陥るが、一番人形の間近にいたワレラは突然武器を落とし、不思議な感覚に戸惑った状態となる。
後に、ボドル旗艦がマクロスと和平交渉を行った際に、3人ともマイクローン化して和平会談の使者として送り込まれている。彼らが地球の飲食物や女性達とのふれ合いに喜々とする様は、映像を見ていたブリタイに「自分もマイクローンになってみたい」と冗談を言わせるほどである。
ロボテック版-氏「名」はそれぞれ、ブロン・ナンテス(Bron Nantes)、リコ・ドセル(Rico Dosel)、コンダ・ブロムコ(Konda Bromco)に変更。
ゼリル(Zeril)
声 - 目黒裕一
テレビ版 - 第67グリマル級分岐艦隊所属の艦長。マクロスが初使用したダイダロスアタックを受け、戦死する。
劇場版 - 登場しない。
カリタ・トラカジーデ(Karita Trakajiide)
声 - 中原茂
テレビ版 - 第67グリマル級分岐艦隊所属の兵士。マイクローン装置を扱う技術を持つ。ワレラ、ロリー、コンダらの亡命を手伝わされる。
劇場版 - 登場しない。

第109分岐艦隊・第7空間機甲師団 編集

カムジン・クラヴシェラ(Quamzin Kravshera)
声 - 目黒裕一
テレビ版 - 第109分岐艦隊所属の第7空間機甲師団長。周囲を顧みない無謀な戦闘指揮ぶりから「味方殺し」の異名を持つ。ゼントラーディ軍きってのエースパイロットでもあり、自ら戦闘ポッドに搭乗して前線で戦い抜く。主な搭乗機はグラージヌージャデル・ガー
「クールなニヒリストを装っているが、頭に血が上りやすい」とキャラクター設定にはあるが、劇中では常に好戦的であり、頭に血が上っている。過去に何度も不祥事を引き起こしているが、これまでゼントラーディが苦戦してきた相手にも勇猛果敢に戦い勝利してきた実績があり、部下からは「親分」と慕われている。ブリタイ艦隊の対マクロス戦での予想以上の苦戦により、急遽増援として師団と共に招聘される。ここでも慎重なブリタイに反して度々マクロスへの攻撃を強行し窮地に陥れる。一条輝とも複数回交戦し、互角の戦いを演じる。
ボドル戦役時にはマクロスに加勢をするが、それから2年の間、地球の文化になじめずにいた。そこでカムジンは、ゼントラーディ人が多く住むトラッド・シティを強襲し、好戦的なゼントラーディの兵士達を集めマクロスへの反乱を企て始める。その際、リン・ミンメイとリン・カイフンの二人を人質にとるという、これまでのゼントランにはなかった行為を行っている。
2012年、第一次星間戦争時にジャングルに不時着・放棄されていた 1,500m 級中型砲艦(海外版では、キルトラ・ケラミッツ/Quiltra-Quelamitz、リニュナダウ・ロジメアン/Rineunadou-Lojmeuean 等の記載あり)を自ら修復し、さらに強奪したマイクローン変換装置で文化になじめなかったゼントラーディ・マイクローンを元に戻すなどして兵力を増強し、マクロスシティの奇襲にかかるが、マクロスの主砲によって砲艦は大破する。その直後、捨て身の突撃を行いマクロスを大破させるが、自艦は爆発炎上して轟沈する。
ラプラミズとは何かといがみ合う関係だが、戦後の反乱では行動を共にし、「文化の力」を信じるミンメイとカイフンを嘲るようにミンメイの歌を酷評し、彼らの目の前でキスをしてみせる。最終回での特攻で死亡したように描写されているが、当初のシナリオでは生き延びる予定であった。直後の『アニメージュ』にはそちらのシナリオを元とした、巨人サイズのまま夫婦になった二人と彼らの赤子のイラストが掲載されている。
劇場版 - 名前(製造番号)はカムジン03350。一条輝達がバルキリーで土星宙域を飛び回っていた時に、その捕獲作戦の指揮を担当。さらに彼らがブリタイのノプティ・バガニス級戦艦から脱出しようとした際に、ロイ・フォッカーのバルキリーを奇襲。乗機のヌージャデル・ガーを破壊されても生身でフォッカーのバルキリーに突撃し、コックピットを潰してフォッカーに瀕死の重傷を負わせるが、最後の力を振り絞ったフォッカーの反撃によって相討ちで死亡する。
備考 - キャラクターデザインはマクシミリアン・ジーナスの採用されなかったデザイン案が基になっている。続編『マクロスF』ではカムジンと酷似した容姿・性格のゼントラーディ兵士「テムジン」が登場し、やはり地球文化を否定して叛乱を煽動する役回りとなる。
ロボテック』版 - 名がキーロン(Khyron)に変更、その他の運命は日本のテレビ版に同じ。
オイグル(Oigul)
声 - 稲葉実
テレビ版 - 第109分岐艦隊所属の第7空間機甲副師団長で、カムジンの副官。暴走しがちなカムジンの押さえ役やいつも自ら出撃しているカムジンに代わり艦の指揮を執るなど、カムジンのサポートを的確にこなしている。カムジンの師団に所属しているだけあって、大人しい性格をしているとは言えず、ラプラミズと口論になる場面もある。主な搭乗機はリガード。
西暦2012年のマクロスシティへの強襲にも参加するが、乗艦がマクロスの主砲による攻撃を受けた際に、吹き飛ばされたショックで死亡する。
劇場版 - 登場しない。
ロボテック』版 - 名がグレル(Grel)、英語で「親父」という呼びかけ名に変更、正式な氏名は不明だが、その他の運命は日本のテレビ版に同じ。
ゲラオ
声 - 大林隆介
テレビ版 - 第7空間機甲師団所属の兵士。前線での偵察が主な任務。第一次星間大戦後もカムジンらと行動を共にする。
劇場版 - 登場しない。

直衛艦隊 編集

ラプラミズ(Lap Lamiz)
声 - 鳳芳野
テレビ版 - 女性兵士のみで編成されたゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊直衛艦隊司令。男装の麗人タイプの有能な指揮官で、ブリタイ・クリダニクと同格にあたる。ブリタイに代わりボドルザーからマクロス監視・調査の任を命じられる。ミリア・ファリーナの上官でもあり、彼女が自らマイクローンスパイを志願した際にはショックを受けていたようである。ボドル基幹艦隊の地球総攻撃の際、文化に汚染されたとみなされ艦隊ごと消去されるであろうとブリタイに警告され、共に地球(マクロス)側について参戦する。
終戦後はカムジン・クラヴシェラ率いる反乱一派に加わる。以前は見下していたカムジンと親密な仲になり、性格もかなり変化する。戦闘の際には自らもグラージクァドラン・ローに搭乗してVF-1バルキリー隊やデストロイド隊と交戦。最終的には1500m級中型砲艦でマクロス・シティを強襲。特攻でマクロスを大破させた後、カムジンと命運を共にし爆死する。
当初のシナリオではカムジン共々生き延び、後に彼と結婚・出産し、以降は夫婦で辺境星域のパトロール艦隊を任せられることになっていた。放送終了後の『アニメージュ』にこの設定に基く後日談が掲載されている。
劇場版 - 名前はモルク・ラプラミズ。女性のみで構成されたメルトランディ軍の機動要塞「ラプラミズ・シリーズ」のひとつ。艦隊の中枢司令機構として、擬人化された巨大なホログラフィックコンピュータを持つ。ボドル基幹艦隊との戦闘でボドル要塞の主砲攻撃を受け轟沈する。
ロボテック』版 - 名がアゾニア(Azonia)に変更、姓がラプラミズ(Lap-Lamiz)に変更。その他の運命は日本のテレビ版に同じ。
ミリア・ファリーナ(Milia Fallyna)
声 - 竹田えり
テレビ版 - ラプラミズ配下の一級空士長。マクシミリアン・ジーナスとの結婚後は「ミリア・ファリーナ・ジーナス(Milia Fallyna jenius)」。
劇場版 - 名前はミリア639。モルク・ラプラミズ艦隊の中型高速砲艦艦長。
ロボテック』版 - 名がミリヤ・パリナMiriya Parina )というロシア語風発音の氏名に変更(ただしファンダム等非公式な世界では日本版の「ミリア・ファリーナ」の氏名を使用することも多い)、その後の運命は基本的には日本のテレビ版に同じ。参照 - "Miriya Parina Sterling"

工場衛星守備艦隊 編集

ダガオ(Dagao)
声 - 仲木隆司
テレビ版 - 工場衛星守備艦隊司令。統合軍・ブリタイ艦隊連合軍による工場衛星奪取作戦において交渉を拒絶するも、地球人の文化を見せ付けられて動揺する。直後、ダガオ艦がプロトカルチャーに汚染されたと判断した僚艦の攻撃を受けて死亡する。
劇場版 - 登場しない。

関連項目 編集

脚注・出典 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. ハーモニーゴールド社(Harmony Gold USA)ライセンス取得したのは、タツノコプロ製作の『超時空要塞マクロス』・『超時空騎団サザンクロス』・『機甲創世記モスピーダ』の3作品。『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』は対象外。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 マクロス7』のドラマCD『マクロス7 ドッキングフェスティバル 歌は銀河を救う』ブックレットより。
  3. Macross operatorsより該当部分抜粋。The term "Bridge Bunnies" is an English-coined nickname that originated in Starblazers fandom.Also in the McKinneynovels, the "bunnies" had the nickname"the Terrible Trio".
  4. ドラマCD『マクロス7 ドッキングフェスティバル 歌は銀河を救う』ではマクロス7のブリッジオペレーター美保美穂が、新たに「統合軍入隊勧誘ソング」を担当している。
  5. 武田康廣 『のーてんき通信』ワニブックス 2002年 p87
  6. 毎日放送『祝25周年!あのマクロスが帰ってくるぞSP!!』にて宮迫博之からの質問に回答。
  7. 参考画像情報:ベン・ディクソン - ロボテック・クロニクル -
  8. アニメで描かれるライバーの姿は金色の短い髪で、青色で長い髪のカイフンとは必ずしも似ていない。小説『早瀬未沙 白い追憶』26頁に描かれる未沙との出会いのシーンの挿絵でも同様。しかし『白い追憶』43頁に描かれる未沙が中学二年の際挿絵での姿は青色で長い髪であり、ミンメイに「カイフンに似ている」と言われる。
  9. 参照 - Absolute Anime • Robotech • Karl Riber
  10. 参照 - カール・ライバー - ロボテック・クロニクル -
  11. 正式な氏名(フルネーム)は「ジャネット・モリス」(Janet Morris)。詳細は「英語人名の短縮形」を参照。
  12. 画像等参考情報 - ジャン・モリス - ロボテック・クロニクル -
  13. 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』エンディングクレジットの表記。
  14. 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』劇中において、ブリタイ7018がマクロスを援護する際の台詞より。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki