Fandom

MACROSS Wiki

飯島真理

610このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

テンプレート:Infobox Musician 飯島 真理(いいじま まり、1963年5月18日 - )は日本のミュージシャン、声優、女優。茨城県土浦市生まれ、アメリカロサンゼルス在住。

来歴編集

音楽好きな両親の影響で幼い頃からピアノを弾き、小学5年生から作曲を始める[1]クラシックのピアニストになるためドイツへ音楽留学する予定だったが、恩師の助言でシンガーソングライターの道を目指す。

1982年国立音楽大学ピアノ科在学中にデモテープが認められ、ビクターと契約する。歌手デビュー前にはSFテレビアニメ超時空要塞マクロス』でアイドル歌手リン・ミンメイ役の声優に起用される。

1983年9月に自身の作詞作曲、坂本龍一プロデュースによるファーストアルバム『Rosé』でデビューする。同年12月にはシングル『きっと言える』をリリース。

1984年、人気ラジオ番組『ミスDJリクエストパレード』の木曜パーソナリティを担当[2]。劇場版『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』でもミンメイ役を務め、主題歌『愛・おぼえていますか』をリリース。オリコン最高7位を記録するシングルヒットとなり、『ザ・ベストテン』などの歌番組に出演する[3]

以降はアニメ分野から離れ、アーティスト活動に専念する。同年にはシングル『1グラムの幸福』(TBS系クイズ番組わくわく動物ランド』エンディングテーマ)をリリース。1985年発売のサードアルバム『midori』はオリコン2週連続2位を記録する。ライブ活動も精力的に行い「学園祭の女王」と呼ばれる。

1987年にはラジオ番組での共演をきっかけに山下達郎から誘いを受け、山下のMoon Records (現:ワーナーミュージックジャパン) に移籍。移籍第一弾アルバム『Coquettish Blue』は山下プロデュースとなる予定だったが、飯島の意向でセルフプロデュース作として発表し[4]、オリコントップ10入りを果たした。

1989年にアルバム『Miss Lemon』の音楽プロデューサー、ジェームス・スチューダーとできちゃった結婚し、アメリカに移住。以後はロサンゼルスを拠点にスチューダーとの共同制作で作品を発表する。同年にはヴァン・ダイク・パークスのアルバム『東京ローズ』の収録曲『Calypso』にフィーチャーリング・ヴォーカリストとして参加する。

1999年にスチューダーと離婚(以後も一部作品で制作に協力)。レコード会社との契約終了によりインディーズアーティストとしての活動を始める。初の自主制作CD『No Limit』で全曲英語詞に挑戦。以降のアルバムは英語詞中心に日本語詞を混ぜる構成となる。また、女優活動も開始し、アメリカのテレビドラマやCM、日本の短編映画に出演する。

2006年、アルバム『Wonderful People』の収録曲『Unspoken Love』が、アメリカ最大のインディー音楽賞とされるJust Plain Folks Music Awardsのベスト・アジアンソング賞を受賞[5]2008年にはアルバム『Uncompromising Innocence』の収録曲『Swim』が第50回グラミー賞ベストポップ女性アーティスト賞とアレンジ賞にノミネートされる[5]

2009年には21枚目のオリジナルアルバム『Echo』をリリース。

マクロスとのつながり 編集

飯島の名が世に出るきっかけとなったのは、歌手デビュー前に演じた『超時空要塞マクロス』のリン・ミンメイ役である。しかし、そのイメージでのみ語られることには葛藤があり、「『マクロス』やリン・ミンメイに関しては、色々な思いがあります。自分の中で受け入れては解放し、受け入れては引き離し……というプロセスの繰り返しだったんですよ[6]」という。

1982年にビクターと歌手契約を結んだ場で、飯島はディレクターから「アニメの新番組の声優オーディションを受けてみないか」と勧められた[7](当時ビクターは『超時空要塞マクロス』の音楽商品を発売することが決まっていた)。度胸試しのつもりで翌日オーディションを受け、自作曲を弾き語りしたところ、石黒昇チーフプロデューサーの「歌手の役だから歌える人がいい」という一言でミンメイ役に抜擢された。

本人は声優どころかアニメの事もよく知らなかったが、架空のアイドル役を初々しく演じ、『私の彼はパイロット』『愛は流れる』などの作中歌を歌い、振付けも自ら考案した。作品と共に飯島の名も広まり、歌手デビュー前にファンクラブが発足するなどアイドル的な人気を博した。劇場版の共同監督河森正治は「声を当てたのが飯島さんじゃなかったら、ミンメイは物語の中であれほどのアイドルにはなってなかったかも。あれは飯島さんの人気の盛り上がりに触発されたところがあるもの[8]」と述べる。

マクロス終了後は本業の音楽活動を続けていくが、「ミンメイの飯島真理」という印象は付いてまわった。一部のファンは現実の彼女にもミンメイ像を投射し、コンサートでミンメイの曲を歌って欲しいと望んだ。また、マスコミにもアイドル声優と思われ、取材で「飯島さんて自分でも曲書かれていたんですか?」と言われることが多かった[9]。これらの悩みから意識的にマクロスの続編や企画に関わることを止め、コンサートで『愛・おぼえていますか』を歌わないこともあった(周囲のスタッフ陣も気を遣ったという)。1989年に渡米した理由のひとつには、マクロスという名前から逃れたいという気持ちがあった[10]

その後、アメリカで活動を始めると、『ロボテック(Robotech)』[11]の影響でマクロスの知名度が高いことに驚かされた。また、海外のファンが役とのジレンマを理解して接してくれたことで、改めてすごい作品に出演していたのだと実感[10]1990年代半ばからマクロス関連イベントやゲーム制作に関わり、現地のアニメコンベンションにもゲスト出演するようになった。

マクロスの主人公一条輝役の声優長谷有洋とは共演後も姉弟のように仲がよく、家族ぐるみで親交を深めていた。1996年に長谷が不慮の死を遂げた直後に行われたライブでは、アンコールで長谷への追悼の意をこめた楽曲を歌った。このうち長谷への追悼曲『忘れない』は今もアルバム未収録曲である。

2006年、米国で発売開始された英語吹替版DVD『Super Dimension Fortress MACROSS』では、英語吹き替えで22年ぶりにリン・ミンメイの声当てを担当した。日本原作アニメの声優が、海外版で同一キャラクターを演じるのは史上初の試みであり、現地在住歴の長い飯島ならではの仕事といえる。一時はミンメイの顔も見たくないと思った時期もあったが、録音スタジオで久しぶりに対面した時には涙が溢れ、心の中で「あなたのことは一生私が面倒を見るからね」と約束したという[12]

マクロス関連の活動 編集

  • 1982年~1983年 - 『超時空要塞マクロス』でリン・ミンメイ役を担当。
  • 1984年 - 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』でミンメイ役を担当。主題歌『愛・おぼえていますか』をリリース。
  • 1993年 - ベストアルバム『The Classics』で『愛・おぼえていますか』をリメイク。
  • 1995年
  • 1997年
    • マクロス放送15周年記念ライブ「MACROSS ONENIGHT STAND」(渋谷公会堂)に出演。
    • ミンメイ(飯島)とミレーヌ(桜井)のデュエットシングル『Friends~時空を越えて~』を制作。 飯島と桜井の所属会社からそれぞれジャケットとカップリング違いで発売。
    • ゲーム『MACROSS DIGITAL MISSION VF-X』の主題歌『Only You』やBGMを作曲(主題歌は歌詞も担当)。
    • ゲーム『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』のムービーパートでミンメイの声当てを担当。
  • 2002年
    • セルフカヴァーアルバム『Mari Iijima sings Lynn Minmay』を発表。ミンメイの心境を思い描いた新曲『Why?』を加えた。
    • ネット配信のマクロス20周年記念スタジオライブ「MACROSS THE TRIBUTE LIVE!」に出演。
  • 2006年 - 英語吹替版DVD『Super Dimension Fortress MACROSS』でミンメイの声当てを担当。
  • 2007年 - マクロス25周年記念ライブ「Minmay meets Fire Bomber」(日本青年館)に出演。
  • 2009年
  • 2011年 - ゲーム『マクロストライアングルフロンティア』にてミンメイの声優として出演。

その他の活動 編集

声優 編集

脚注 編集

  1. 初めて作曲したのは愛犬を題材にした『かみつきゴン太』。歌手デビュー後、音楽雑誌『キープル』付録のソノシートに自身演奏によるピアノバージョンが収録された。
  2. 『ミスDJリクエストパレード』にてプレゼントコーナーで飯島真理が持っていた使い捨てのポケットティッシュをプレゼントの賞品にしたことがあった。
  3. 『ザ・ベストテン』初出演時にハンバーガーが大好物と話したところ、司会の久米宏はジョークで「ハンバーガーみたいな丸い顔」と発言。次の出演時には久米からマクドナルドのハンバーガー無料カード(ベスト10に入っている期間のみ有効)を贈られた。
  4. marimusic.com(前公式HP) 2007年3月3日の記事インターネット・アーカイブより)。
  5. 5.0 5.1 BounDEE.inc アーティスト情報(飯島真理)
  6. 『マクロスエース Vol.002』 2009年、角川書店、146頁。
  7. 飯島真理のGreetings form L.A 第17回:運命と選択(2003年5月18日)
  8. 『月刊ニュータイプ 2002年11月号』 角川書店、2002年、28頁。
  9. 『EX大衆 2006年5月号』 双葉社、2006年。
  10. 10.0 10.1 『月刊ニュータイプ 2002年3月号』 角川書店、2002年、177頁。
  11. アメリカで放送されたマクロスと『機甲創世記モスピーダ』『超時空騎団サザンクロス』をひとつのストーリーにまとめた番組。ミンメイの台詞はアメリカの声優が吹替え、歌は英語のオリジナル曲に差し替えられている。
  12. 『マクロスエース Vol.002』 角川書店、2009年、149頁。
  13. マクロス7』で主人公熱気バサラの歌パートを担当した福山芳樹とは同学年で同い年である。そのため、共演するイベントでは「福山君」と呼びかけることも。
  14. ファミ通.com “マクロス クロスオーバー ライブ”2Daysで開催決定!(2009年7月13日)
  15. 電撃オンライン NEWS 『COOL GIRL』でアスカ役を演じた飯島真理さんにインタビュー!(2003年5月30日)

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は飯島真理にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki