FANDOM


超時空要塞マクロス > CRフィーバー超時空要塞マクロス

CRフィーバー超時空要塞マクロス』(シーアールフィーバーちょうじくうようさいマクロス)は、SANKYOより2009年12月に発売されたデジパチタイプのパチンコ


機種概要 編集

1982年から1983年にかけて放送されたテレビアニメ『超時空要塞マクロス』のタイアップ機。作中の時代設定である2009年を現実に迎えた「マクロス元年」に本機が登場した。メーカーのSANKYOは現在マクロスシリーズを制作しているサテライトの親会社であり、新作映像部分はサテライトが担当している。

「新体感パチンコ」を謳う新枠のV-トリガーは、航空機の操縦桿タイプのV-コントローラーで操作を行う。V-コントローラーが振動し、ファンから手元に風が吹き出すという体感シューティングゲーム的な演出がある。

盤面上部にはアニメの主役メカである可変戦闘機バルキリーの役物が配置されており、ファイター(航空機形態)からガウォーク(中間形態)、バトロイド(ロボット形態)へ3段変形する。

音響は4箇所のスピーカーによる3Dサラウンドシステムを使用。音楽面でもOP・ED曲のほか、作中のアイドル歌手リン・ミンメイの人気曲が収録されている。

また、2009年の台では主流である突然確変潜伏確変、(特別図柄の)小当たり等を一切排除。全ての大当たりが出玉アリというシンプルなスペックも特徴。

スペック 編集

CR フィーバー超時空要塞マクロス SFW 編集

  • 大当たり(特別電動役物(アタッカー)の開放)
    • (低確率):1/318.1
    • (高確率):1/31.8
  • 賞球数:3(上始動口、下始動口) & 10(普通入賞口) & 14(大入賞口)
  • ラウンド(大当たり1回あたりの、特別電動役物の開放回数):15ラウンド or 16ラウンド
  • カウント(特別電動役物の開放1回あたりの、概ねの入賞個数):8カウント
  • 大当たりの確変割合:60/100(60%)
  • 大当たりの内訳(始動口共通)
    • 15ラウンド確変 ⇒ 48%
    • 16ラウンド確変 ⇒ 12%
    • 15ラウンド通常 ⇒ 40%
  • リミット:なし
  • 時短:通常大当たり終了後70回転

図柄 編集

キャラクターについては超時空要塞マクロスの登場人物一覧を、メカについては超時空要塞マクロスの登場メカ一覧を参照。

確変図柄 編集

1. ロイ・フォッカー
3. リン・ミンメイ
5. 早瀬美沙
7. 一条輝
9. ミリア・ファリーナ

チャンス図柄 編集

2. クローディア・ラサール
4. ブルーノ・J・グローバル
6. 柿崎速雄
8. マクスミリアン・ジーナス

CM 編集

話題となった『CRフィーバー創聖のアクエリオン』の路線を継承し、女性モデル陸守絵麻とCGメカを合成したCMムービーを放送している。変形都市編のコピーは「合体の次が来る」。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Pachi-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki