Fandom

MACROSS Wiki

F-22

610このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

機体解説編集

ロッキード・マーティン社とボーイング社の共同開発されたアメリカの多用途戦術戦闘機であり、愛称のラプターは猛禽類(ワシ、タカ、フクロウ等の他の動物を主食にする鳥類の総称)の事。第五世代戦闘機であり、史上初のステルス戦闘機であり胴体内に武器を収容しスーパークルーズ(アフターバーナーを使用せずに超音速巡航する事)を可能にした。その反面開発費の高騰で高額な調達費や高度な軍事機密の転移(漏洩)が問題に加えて計画当初の1996年の750機配備予定が冷戦終結に伴い開発が遅れ正式配備は2005年からであり、2006年時点では生産予定数183機にとどまった。また軍事技術の転移を防ぐ観点から空軍配備にとどまっており、アメリカ国防総省は生産中止を提案し、2010年度予算編成の記者会見にて187機目以降のラプター発注を実施しない事を明らかにした。これは航空自衛隊の次期主力戦闘機選定にも大きな影響を与える事になる。(航空自衛隊も配備案もあったが海上自衛隊のイージス艦機密漏洩問題が暗い影を落としている……)副座の訓練型も予算縮小や地上シュミレーターで代用可能と言う事で生産されずに計画にあった派生型も開発されてない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki