FANDOM


テンプレート:Infobox Musician/sandbox May'n(メイン、1989年10月21日 - )は、日本女性歌手名古屋市出身。本名・旧芸名は中林 芽依(なかばやし めい)。身長163cm。血液型O型

所属事務所はホリプロ、所属レコード会社はflying DOGビクターエンタテインメント系列)。公式ファンクラブ名は「ふぁんくラ部」。

概要 編集

来歴 編集

テレビで観た安室奈美恵に衝撃を受けて歌手になることを決意する。その頃から数々の歌のコンテスト、ミュージカル等に参加。何度か愛知県代表に選ばれ、9歳頃から本格的なオーディションを受け始める。

13歳の時に第28回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ラブミュージック・オーディション』で3万4911人の中から決勝の4人まで勝ち残り、それがきっかけでデビューする。

高校入学と同時に上京しホリプロの寮に入寮。デビューに先駆け東海地区限定でシングル「Crazy Crazy Crazy」をリリース。同タイトルを2005年6月1日に全国発売してメジャーデビュー。

2006年9月27日にMay'nの同郷である愛知の先輩にあたるSEAMOと「Fallin' in or Not feat.SEAMO」をリリース。カップリングの「Cry a little」は2006年4月 - 同年9月にテレビ東京系列で放送された『ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜』のエンディングテーマに採用された。ライブ活動などの音楽の仕事をしつつ高校生活を送り2008年春に卒業。

2008年1月1日よりアーティスト名を中林芽依からMay'nに変更(由来はMay Nakabayashi)。「音楽界のmainアーティストになれるよう」「みんなにとってのmainテーマな歌を歌えるよう」という意味合いも込められている[1]

4月よりテレビアニメマクロスF』の登場キャラクターで、作中の歌姫であるシェリル・ノームの「歌パート」を担当する。シングル「ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時 Don't be late」は、オリコンシングル週間ランキング3位を記録した。以降『"Animelo Summer Live"』など、多数の対バン形式のイベントに出演し精力的なライブ活動を展開。10月13日、横浜・大阪・武道館での『マクロスFギャラクシーツアーFINAL』は即日完売の超プラチナチケットとなった。 11月23日シンガポールの『Anime Festival Asia 2008』では、初の海外ライブイベントをおこなった。

2009年1月21日にオリジナルファーストミニアルバム『メイン☆ストリート』を発表し、オリコンアルバム週間ランキング2位を記録した。1月22日から東名阪を巡るワンマンライブツアー『May'n CONCERT TOUR 2009 "May'n Act"』を実施。チケットは即日完売。3月25日に東京でのツアー最終公演を収録したライブDVD『May'n☆Act』を発表。 5月6日にはMay'n名義としては初となるシングルキミシニタモウコトナカレ」を発表。5月28日から、ニコニコ動画の生放送で、初のレギュラーとなる『とりあえず生中 (仮)木曜日パーソナリティを鷲崎健と共に務めている。 7月26日、全国6都市のZeppを巡るライブツアー『May'n SUMMER TOUR 2009 "LOVE&JOY"』をスタート。途中声がでなくなるアクシデントが発生するも、それを克服し大歓声とともにツアーを完了した。 8月21日奥井雅美とのコラボレーション楽曲である、奥井雅美 feat. May'n「ミラクル・アッパーWL」を発表。

10月10日より文化放送での『May'nの らじ☆たま』では初のラジオパーソナリティを務める。

11月25日、自身初のフルアルバムStyles』とシェリル・ノーム starring May'nとしてのミニアルバム『ユニバーサル・バニー』を同時リリース。両方共にオリコン週間チャートトップ10入りを果たした。

2010年1月24日日本武道館での単独コンサート、May'n Special Concert2010 at 日本武道館『BIG★WAAAAAVE!!』を開催。ホリプロ所属の女性歌手として、日本武道館での単独公演は山口百恵以来30年ぶりとなる。尚、チケットは即日完売した。

2011年2月23日にセカンドフルアルバムIf you…』をリリース予定。

2月5日よりシネマサンシャイン池袋他にて、自身初となるドキュメンタリー映画『May'n THE MOVIE -Phonic Nation-』を上映予定。

人物 編集

父(三重県出身[2])・母(広島県出身[2])・妹の4人家族[3]。家族4人共に音楽の嗜好がほぼ同じ。本名である芽依の由来はとなりのトトロのメイから来ている。

ニックネームは「部長」。様々な事象を部活動とし、そのことを自身のブログでも度々話題にしている。食べることを「デ部(でぶ)」、ツッコミを入れることを「ツッコ部」他にも「どえ部(どM)」「アグレッシ部」「ポジティ部」「ラ部」等があり、活動範囲は広い。ファンは「部員」と呼称されている[4]

歌で心がけている点は滑舌よく歌うこと。言葉を上手く伝えたいとのこと[5]。自身で作曲をする際に使用する楽器はピアノ[4]。深夜にヘッドフォンをして作曲している。

菅野よう子との出会いに感激しており「これほどまでに私の声を分析してくれた方は初めてです。私以上にMay'nの実力を知ってくれてます。毎回予想以上の作品を一緒に作れることが幸せで幸せでたまりません。」と自身のブログで語っていた[4]

趣味・特技・嗜好 編集

色々なものをコレクションすること[4]。これまでに集めたものはジーパン・スニーカー・本・CD・ペットボトルの蓋・小さいバッグ・カバグッズ・星グッズ・ユニークな柄の靴下・リラックマグッズなど[5]

好きな食べ物は、たい焼きオレオナン。特にたい焼きに関しては、「自称・たい焼き親善大使(鯛使)」を各所で発言していたり[6]、鯛焼き食べ歩きや利き鯛焼きをするほど[7]。自分の家にたい焼き機を所有している。

名鉄百貨店ヤング館前にあるナナちゃん人形が好きで、名古屋に帰ってくる際には、足の部分に抱きついた姿を写真に撮ってもらうほど[8]

自身のラジオで地元の中日ドラゴンズファンである事を公言したが、好きな選手が福留孝介川上憲伸とその時点で両選手ともメジャーリーグ入りした選手だった。

ディスコグラフィ 編集

中林芽依 編集

シングル 編集

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2005年6月1日 Crazy Crazy Crazy UPCI-5012
2nd 2005年8月3日 Sympathy UPCI-5018
3rd 2006年9月27日 Fallin' in or Not feat.SEAMO UPCI-5039

配信限定シングル 編集

  発売日 タイトル 備考
1st 2005年12月11日 Happy フィットハウスCMソング
2nd 2005年8月3日 雨に咲く花 映画『おばちゃんチップス』主題歌


シェリル・ノーム starring May'n 編集

発売日 タイトル 規格品番
2008年5月8日 ダイアモンド クレバス/射手座☆午後九時 Don't be late VTCL-35025
2008年8月20日 ライオン VTCL-35033
2008年12月24日 シェリルの宇宙兄弟船 など[9] VTCL-35044
2009年10月21日 pink monsoon VTCL-35088
2009年11月25日 ユニバーサル・バニー VTCL-60177

May'n 編集

シングル 編集

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年5月6日 キミシニタモウコトナカレ VTCL-35070
2nd 2010年7月28日 Ready Go! VTCL-35093
3rd 2010年10月13日 シンジテミル VTCL-35101
4th 2011年5月11日 Scarlet Ballet VTCL-35105(初回限定盤)
VTCL-35106(通常盤)

アルバム 編集

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年11月25日 Styles VTCL-60190
2nd 2011年2月23日 if you… VTZL-24(初回盤)
VTCL-60240(通常盤)

ミニアルバム 編集

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2009年1月21日 メイン☆ストリート VTCL-60090

配信限定シングル 編集

  発売日 タイトル 備考
1st 2009年10月21日 my teens,my tears
2nd 2009年11月25日 Grand Piano とりあえず生中(二杯目)12月度エンディングテーマ

映像作品 編集

規格 発売日 タイトル 規格品番
ライブDVD 2009年3月25日 May'n☆Act VTBL-3
ライブDVD/BD 2010年5月26日 May'n Special Concert DVD&BD 「BIG☆WAAAAAVE!!」 in 日本武道館 VTBL-9~10(DVD)
VTXL-1(BD)
音楽ドキュメンタリー映画 2011年2月5日 May'n THE MOVIE -Phonic Nation-

参加作品 編集

ライブ 編集

ツアー 編集

イベント 編集

2005年 編集

  • 4月29日 中林芽依シングル発売イベント 名古屋パルコ
  • 5月4日 中林芽依シングル発売イベント 近鉄パッセ

2008年 編集

  • 3月30日 東京国際アニメフェア 歌シェリルお披露目ライブ(マクロスF放送直前イベント) & サテライトブース マクロスカラオケイベント飛び入り参加
  • 5月9日 May'nミニライブ&トークイベント 文化放送1F サテライトプラス
  • 7月27日 マクロスF超時空スーパーライブ Zepp TOKYO(昼夜2回公演)
  • 8月6日 マクロスF超時空スーパーライブ なんばHatch
  • 8月31日 Animelo Summer Live 2008 -Challenge- さいたまスーパーアリーナ
  • 10月13日 カンノヨーコ presents マクロスFギャラクシーツアーFINAL パシフィコ横浜
  • 10月22日 カンノヨーコ presents マクロスFギャラクシーツアーFINAL 大阪厚生年金会館
  • 11月5日 SANKYO presents マクロスF ギャラクシーツアー FINALこんなサービスめったにしないんだからねinブドーカン☆ 日本武道館
  • 12月20日 May'nメルマガ会員限定クリスマス&年忘れパーティー 恵比寿ガーデンホール(昼夜2回公演)

2009年 編集

2010年 編集

  • 1月24日 May'n Special Concert2010 at 日本武道館『BIG★WAAAAAVE!!』 日本武道館
  • 3月7日 May'n BIG★WAAAAAVE!! ASIA TOUR 2010 マレーシア・KL Live 1st Floor
  • 3月13日 奥井雅美 Birth Live '10 Magical Night〜白い宇宙の魔法使い〜 恵比寿リキッドルーム
  • 3月14日 アニうた KITAKYUSHU 2010 北九州メディアドーム
  • 3月19日 May'n BIG★WAAAAAVE!! ASIA TOUR 2010 香港・九竜湾国際貿易センター
  • 3月21日 May'n BIG★WAAAAAVE!! ASIA TOUR 2010 台湾・Legacy Taipei
  • 4月10日 May'n Pure Live in ナガシマスパーランド
  • 5月15-16日 ANIMAX MUSIX SPRING 2010 JCBホール
  • 7月2日 Anime Expo 2010 ロサンゼルス・ノキアシアター(L.A.ライブ
  • 8月29日 Animelo Summer Live 2010 -evolution- さいたまスーパーアリーナ
  • 10月30日 千葉・中央学院大学「あびこ祭」 スペシャルライブ
  • 10月31日アニサマ Girls Night ZEPP OSAKA
  • 11月03日 ANIMAX MUSIX FALL 2010 横浜アリーナ
  • 11月14日 シンガポール AFA X Side-B ライブ出演
  • 12月22日 超時空スーパーライブ 『Merry Christmas without You』 日本武道館
  • 12月24日 超時空スーパーライブ 『Merry Christmas without You』 神戸ポートアイランドホール

2011年 編集

  • 3月6日 May'n Special Concert 2011「RHYTHM TANK!!」at 日本武道館
  • 8月27日 Animelo Summer Live 2011 -rainbow- さいたまスーパーアリーナ

出演 編集

テレビ 編集

ラジオ 編集

  • MIDNIGHT RADIO PARKAV Music Channel」内「May'n通信」(AIR-G'、2009年6月4日 - 、2009年8月6日)
  • May'nのらじ☆たま(文化放送、2009年10月10日 - )
  • SOUND PUREDIO presents May'nの デ☆ラ!May'n!!(FM福岡、2010年3月28日/FM山口、2010年4月3日)
  • SOUND PUREDIO presents May'nのシャベッテミル(FM福岡、2010年10月10日/FM山口、2010年10月16日)

Web 編集

  • とりあえず生中(仮)ニコニコ生放送、2009年5月28日 - 2009年10月1日、木曜パーソナリティ)
  • とりあえず生中(二杯目)(ニコニコ生放送、2009年10月8日 - 2010年4月1日、木曜パーソナリティ)
  • とりあえず生中(三杯目)(ニコニコ生放送、2010年4月8日 - 2010年10月28日、木曜パーソナリティ)
  • 電波研究社〜アニメ・ゲーム・アニソン〜(ニコニコ生放送、2010年11月4日 - 、パーソナリティー

CM 編集

連載 編集

  • May'n★Cinemas (Voice NewtypeNo.34 - )
  • May'nのこだわる道(ど〜)!!!(マクロスエースVol.2 - )
  • May'nの"め"っっっ!!(Voice NewtypeNo.39 - )

雑誌 編集

  • 週刊アスキー表紙(2008年12月16日号、2010年2月2日号、2011年3月8日号)

書籍 編集

  • May'n ASIA TOUR 2010 OFFICIAL PHOTO BOOK BIG★WAAAAAVEE!! in ASIA(東京ニュース社、2010年6月10日)
  • May'n 1st ARTIST BOOK LIVEALIVE(角川書店、2011年4月28日)

</div></div>

脚注 編集

  1. 「となりのトトロ」のメイから付けられた。(読売新聞:2011年2月2日夕刊7面)
  2. 2.0 2.1 2009年1月3日のブログで告白
  3. ホリプロ タレントファイル
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 旧ブログ. "今日のMay'nディッシュ". 2008年9月23日 閲覧。
  5. 5.0 5.1 @Tunes.』第81回放送
  6. m-serve style』vol.70(2009年5月配信)より
  7. @Tunes』#38(2009年6月28日放送)より
  8. 『Act Against AIDS 2009』内での発言より。
  9. シェリル・ノーム名義

外部リンク 編集

テンプレート:ホリプロ テンプレート:May'n

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はMay'nにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki