Fandom

MACROSS Wiki

MiG-29 (航空機)

610このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

機体解説編集

 冷戦当時の東側陣営主力戦闘機MiG-21やMⅰG-23の後継機として開発された戦闘機で西側陣営のF-14やF-15の対抗機。これはMⅰG-21の格闘性能が高く後継機であるMⅰG-23の格闘性能が及ばないのでMⅰG-21は第二世代ジェット戦闘機であるが長期にわたり改良と運用され第三世代ジェット戦闘機に匹敵する戦闘機になるも機体設計が古いのでMⅰG-29が実用化された。ロシアでの愛称はラーストチェカ(ロシア語読み ラースタチュカ:燕)であるがNOTO軍でのコードネームはファルクラム。

 機体特徴として不整地や凍土での安全に離着陸可能にしている蓋付空気取り入れ口であり、これが閉まると機体上部から空気を取り入れる仕組みである。またSu-27同様TsAGI(中央流体力学研究所)の研究成果を取り入れており、機体形状も似ているがSu-27の方が大型で比較的長距離対応制空戦闘機に対してMiG-29は局地戦闘機の性質が強く、Su-27の利点がMiG-29の欠点となっているがコスト面では勝利している。


政治に左右される機体編集

 冷戦終結による軍縮の煽りや財政難により価格が高くとも機体性能が高ければコストパフォーマンスが高いと判断したミグ設計局はこの機体の海軍向けも開発したが海軍も空軍もSu-33(Su-27)を多く採用している。これはソ連崩壊後のスホーイ優遇には開発される機体の良し悪しよりも政治的な理由が大きい。

 また冷戦構造の崩壊に伴い東側陣営に所属していた国家がNATOに加盟した際にMⅰG-29を初めロシア系戦闘機や航空機がNOTO軍規格に改修された機体も存在しており、ポーランド空軍はF-16CやSu-22M4と共に主力機として使用されている。ポーランドは不要になった周辺国のMⅰG-29を積極的に買い取っており、ドイツ軍からは1機1ユーロと言うたたき売り状態で入手した(しかもドイツが機体をNATO規格改修の発注を受けているので売り手としても損はしてない)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki