FANDOM


VF-17 ナイトメア (ブイエフ・じゅうなな ナイトメア)は、テレビアニメマクロス7』、その他マクロスシリーズ作品に登場する架空の兵器

可変戦闘機(ヴァリアブル・ファイター=VF)シリーズの1機種。ペットネーム(愛称)の「ナイトメア(Nightmare)」は「悪夢」の意。デザインモチーフは、実在のステルス攻撃機F-117 ナイトホーク

機体解説 編集

機体諸元
VF-17 ナイトメア
設計・製造 ゼネラル・ギャラクシー社
全長 ファイター:15.63m(T型は16.13m)
全幅 ファイター:14.18m(主翼展開時)
全高 ファイター:3.68m、バトロイド:15.82m
空虚重量 11,850kg(D型)、11,950kg(S型)、12,200kg(T改)
エンジン (主機)新中州/P&W/ロイス 熱核反応バーストタービン×2
FF-2009E(A型、C型)、FF-2010X(D型、S型、T改型)
(副機)P&W 高機動バーニアスラスター
HMM-6B(D型、S型)、HMM-6D(T改型)
エンジン推力 55,000kg×2(D型)、59,500kg×2(S型、T改型)
(宇宙空間瞬間最大推力)
最高速度 (高度10,000m)
M4.0+(D型)、M4.2+(S型、T改型)
(高度30,000m以上)
M21.0+(秒速7km以上)
乗員 1名(T型、T改型は2名)
攻撃兵装 レーザー砲×2
2連装対空レーザー砲塔×1(S型は4連装)
中口径ビーム砲×2
多目的ガンポッド×1(右脚内に収納)
ガンポッド用ビームアダプター×1(左脚内に収納)
マイクロミサイルランチャー×4
(内装式標準兵装、他の兵装パックに換装可能)
追加装備 専用スーパーパーツ
(大口径ビーム砲×2、11連装マイクロミサイルランチャー×2)
新中州/OTEC FBF-1000A フォールドブースター
サウンドブースター(T改型専用)
他オプション多数

ゼネラル・ギャラクシー(G.G)社が開発した特殊作戦機。2037年より稼動中で、特にマクロス7船団所属の特殊防衛部隊ダイアモンド・フォース隊の配備機として有名。当時の主力機VF-11 サンダーボルトでは対応困難な、敵拠点へのピンポイント攻撃などの特殊任務を担うべく開発された。そのため、レーダーへの隠密性を重視した独特の多面体形状を持ち、ステルスバルキリーの通称で呼ばれる。

本機はVF-19 エクスカリバーなどに採用されたアクティブステルス技術より以前の、レーダー波を正反射させないパッシブステルス技術に基づいて設計されている(パッシブ(受動的)ではあるが、機体表面にはレーダー波を吸収する特殊塗装が施されている)。直線と平面でまとめられた機体形状は航空力学的に適切とは言い難く、ガンポッドやミサイルなど、従来機では外装されていた兵装類を全て格納式にしたため、大型で重量級の機体となった。しかし、主に大気圏外で運用されるため空力性能は問題とならず、新世代エンジン熱核バーストタービン の大パワーによって、見かけによらぬ機動性を発揮する。

変形機構においてもステルス性が考慮され、バトロイドの両腕やレーザー砲などの突起物は機体上面に配置されている。脚部エンジンナセルには開閉式ウェポンベイと主脚庫に加え、折り畳み式ガンポッドと予備弾倉まで収納している[1]が、脚全体を90度寝かして配置することで機体が薄く平らになるよう工夫されている。なお、この可変システムの都合上、ファイター形態における2次元ベクターノズルは、他の機種と異なり上下ではなく左右に推力を偏向する。

バトロイド形態は、アーマードバルキリーを思わせる重装甲と武骨なフォルムが特徴となる。ガウォーク形態は通常の両腕を下ろした状態の他に、両肘に内蔵するレーザー砲を伸長した「強攻モード」が設定されている。

本機は標準装備で兵装ステーションフル装備のVF-11を凌駕する機動性・火力を有し、エリートパイロット用の上級機として配備された。2042年に制式採用された後継機VF-22 シュトゥルムフォーゲルIIの登場後は、兵器搭載量を活かした可変攻撃機(VA)、あるいは可変爆撃機(VB)的な運用も検討されている。

総生産数は後述する各タイプを合計して718機となった。これは各地の植民星、移民船団等で幅広く運用される可変戦闘機としてはかなり少ない部類に入る。高性能と引き換えに操縦性、整備性が悪く、極端に単価が高いことがその要因であったとされる。だが、後に生産された再設計機VF-171 ナイトメアプラスではこれらの問題点が解決され、2050年代末にはVF-22すら成し得なかった新統合軍制式主力機としての地位を獲得している。

追加・拡張装備 編集

スーパーパーツ
大気圏内外両用。機体上部にビームキャノン付属のブースターを2基、両脚エンジンナセルに追加マイクロミサイルランチャーを装備。ビームキャノンはバトロイド時に両肩に位置する。
サウンドブースター3号機
VF-17T改専用。Dr.千葉が提唱したサウンドエナジー理論に基づいて開発された装備。歌エネルギーをより実体的なサウンドエナジービームに増幅・変換し、周囲一体に放射する。その効果は、プロトデビルンによって生体エネルギー「スピリチア」を奪われ虚脱状態となった者に再び活力を与え、同時に洗脳を解除する効果を持つ。また、ほぼ全て通常兵器を受け付けないプロトデビルンに対しても絶大な効果を与える。10万チバソング以上の値で歌を歌わなければ充分な効果を発揮する事が出来ない。なお、歌声だけでなく楽器の音も変換可能で、実際にビヒーダがドラミングによってサウンドエナジーを発現させる場面がある。
追加ブースターなど通常のスーパーパーツと同等の機能も有しており、単体での自律飛行や空中合体も可能。また、装備したままでも変形に支障はない。

バリエーション 編集

VF-17A
初期生産型。搭載予定のエンジンの開発が遅れ、出力の劣るFF-2009E型エンジンを代用している。生産数は少ない。
VF-17C
A型のアビオニクス改良型。
VF-17D
C型に当初予定のFF-2010X型エンジンを搭載した標準型。171型の登場まではシリーズ中最も生産数が多かった機種。頭部に対空レーザー砲2門を装備する。
VF-17S
少数配備の指揮官機(CAG機)。D型のエンジンをベースに材質等の改良を加えた特製エンジンを搭載し、ノーマルの約10%増しの推力を発生する。頭部も通信・索敵機能が強化された専用タイプに換装され、対空レーザー砲も連装2基(計4門)に増設されている。
VF-17T
機種転換訓練に用いられた複座機。コクピット容積拡大に伴い機首が延長されている。
VF-17T改
マクロス7船団所属の民間協力隊「サウンドフォース」に配備された特別機。通称ストームバルキリーレイ・ラブロックとビヒーダ・フィーズが前後席にそれぞれ搭乗する。T型をベースにエンジンをS型と同じFF-2010X型に換装。頭部はサウンドフォース機共通の特徴である「口」のある特注品が使用されている。コクピット内装も大幅に手が加えられ、前席にキーボード型のサウンドコントロールスティック(操縦桿)、後席には簡易型のドラムセット一式が設置されている。追加オプションとしてサウンドブースターを背部に装備する。


VF-171 ナイトメアプラス 編集

機体諸元
VF-171 ナイトメアプラス
全長 ファイター:15.65m
空虚重量 12,150kg
エンジン (主機)新中州/P&W/ロイス 熱核タービンFF-2110A(初期型)×2
(副機)P&W 高機動バーニアスラスターHMM-6B
エンジン推力 445.9kN×2(宇宙空間瞬間最大推力)
最高速度 (高度10,000m)M3.5+
(高度30,000m以上)M21.0+
乗員 1名
攻撃兵装 マウラーREB-22 ビーム砲×2
エリコーンAAB-7B ビーム砲×2
ハワードGU-14B ガンポッド×1(またはG.G MC-17C)
ビフォーズBML-02S マイクロミサイルランチャー×2
その他オプション多数
防御兵装 エネルギー転換装甲システムSWAG/RA155
ピンポイント・バリアシステム一式
アクティブ・ステルスシステムASS/PS155(最終生産型で導入)
フレア&チャフディスペンサーシステム一式
追加装備 AP-SF-01+ イージスパック(RVF用)
フォールドブースター 他

マクロスF』に登場。一般パイロット用に生産性を向上させた再設計型。コスト低減に伴い基本性能は従来17系からやや低下しているが、AVF計画以前の機体の中では充分トップクラスの水準を誇る。更に、AVF以降の標準装備であるピンポイントバリア (PPB) システムを搭載しており、防御力、格闘性能では従来型をむしろ上回る。操縦性においても、他の17系やVF-19、VF-22以上に扱いやすいと現場での評価も高い。

第三世代型のアクティブステルスシステムを装備したことでステルス性が向上し、迎撃任務などでは主翼下のパイロンにミサイルを搭載する事も多くなった。 また、従来型では半ば無視されていた大気圏内運用も考慮されており、機首の延長や全体の上下厚を薄くすることで空力特性を改善している。なお、この兼ね合いからバトロイド形態はVF-17系としてはやや細身の体型となる。VF-17では両肘に内蔵されていたレーザー砲が省略されたため、ガウォーク形態での「強攻モード」も省略されている。

無人戦闘機ゴーストの本格運用によって有人戦闘機の性能要求が引き下げられた2050年代末では、VF-19を退け新統合軍主力機の座に就く。各移民船団や植民惑星で最も普及している機体の1つである。

追加・拡張装備 編集

AP-SF-01+ イージスパック
RVF専用の電子戦装備。機体上面に装備されるレーダーレドームと下面に装備されるスタビライザーフィンで構成される。EX型に搭載された装備の中には、フォールド通信システムを利用したゴーストの誘導能力を持つ改良型も存在する。

RVF-171 編集

イージスパックを装備した偵察・早期警戒仕様機。遠距離観測用の無人偵察兵器であるBAポッドを遠隔操作できる[2]。フォールドブースターを装備することも可能。

VB-171 編集

VF-171の戦闘爆撃機仕様。マクロス・クロニクル31号のp10で紹介されている。

VF-171 スナイパー仕様 編集

型番不明。『マクロスF』劇中のミハエル・ブランの語る回想シーンで1カットのみ登場。精密狙撃用のライフルを装備する。


VF-171EX 編集

機体諸元
VF-171EX ナイトメアプラスEX
全長 ファイター:15.65m
空虚重量 12,950kg
エンジン (主機)新中州/P&W/ロイス ステージ II 熱核タービンFF-2550F×2
(副機)P&W 高機動バーニアスラスターHMM-6B
エンジン推力 67,500kg×2(宇宙空間瞬間最大推力)
最高速度 (高度10,000m)M4.3+(機外兵装無しの状態)
(高度30,000m以上)M21.0+
乗員 1名
攻撃兵装 ビフォーズAMG-30 30mm重機関砲×2
エリコーンAAB-9A ビーム砲×2
ハワードGU-14B改 ガンポッド×1
ビフォーズBML-02S マイクロミサイルランチャー×2
ビフォーズAAMM-05D 中射程対空ミサイル×1
センチネルFXA-60A 高速徹甲ロケット6連装ポッド×1
L.A.I AAMS-02A 短射程高機動対空ミサイル3連装×1
センチネルAVM-11R 対空母用大型対艦ミサイル4連装×1
(バトロイド時はPPBとの併用で盾としても使用)
新星MF工廠/L.A.I製AVPAGC/MEDC30-EX-A 対バジュラ用MDE重量子反応砲/
30mmMDE機関砲マトリックス×1
(※全て対バジュラ用MDE仕様に対応化)
防御兵装 エネルギー転換装甲システムSWAG/RA155EX
ピンポイント・バリアシステム一式
アクティブ・ステルスシステムASS/PS155
フレア&チャフディスペンサーシステム一式
追加装備 ASS/171EX スーパーパック(指揮官機用)
AP-SF-01+ イージスパック(RVF用)
フォールドブースター 他
VF-171EX
G.Gマクロス・フロンティア工廠とL.A.I社が対バジュラ用に改修した機体。メインエンジンをVF-19Fと同型のFF-2550Fに換装し、従来の17系全てを凌駕する機動性を発揮する。この変更によりパイロットへのG負荷や操縦難度が増したため、VF-25 メサイアなどの最新鋭機に採用された「EX-ギア・システム」をコクピットに導入している(型式番号の「EX」もこの改修に由来する)。しかし、機体設計の限度からISC(慣性蓄積コンバーター)の搭載は見送られ、機動限界はVF-25よりも大幅に劣るものとなった。VF-25への搭乗経験があるパイロットからも、「間に合わせの機体」との評価を受けている。
武装は右尾翼(右腕)の大型重量子ビーム砲や左尾翼(左腕)のマイクロミサイルキャニスターを初め、翼下に懸架される各種マイクロミサイル、ロケット弾など多数を装備。使用弾頭には、バジュラの死骸から抽出したフォールド鉱石を使用したMDE(マイクロ・ディメンション・イーター)弾頭を使用する。エネルギー転換装甲は従来の約20%増しの強度を持つSWAG/RA155EXを採用。更に表面に新開発の対ビーム用気化コーティング塗装が施されているため機体色は白となっている。パーソナルカラーは胸部や主翼部のラインに留められており、一般機はグレーのラインだが、アルト機は赤のライン、ルカ機はグリーンのラインになっている。

追加・拡張装備 編集

ASS/171EX スーパーパック
VF-171EX型指揮官機専用の追加装甲オプション。胸部と脚部に装着するエネルギー転換装甲プロテクター。脚部装甲には複数の小型ロケットエンジンを内蔵する。なお、DVD/BDブックレットでは「スーパーパック」とされている[3]が、「アーマードパック[4]または「ヘビーウェポンパック[5]とする資料も存在する。

RVF-171EX 編集

EX型の電子戦仕様機。S.M.Sスカル小隊から新統合軍サジタリウス小隊に転属したルカ・アンジェローニの搭乗機は、無人戦闘機QF-4000 ゴーストの誘導機能を備えた改良型イージスパックを装備する。


脚注 編集

  1. ガンポッドはバトロイド形態で使用の際、脚部収納庫から炸薬により手元まで射出される。
  2. BAポッドは『マクロスF』第6話で登場。
  3. BD「マクロスF」8巻付属ブックレット
  4. 「マクロス・クロニクル」No.37 小学館集英社プロダクション 2009年12月刊行 p3-4、「マクロスF OFFICIAL FAN BOOK」学習研究社 2009年2月刊行 p114、「マクロストライアングルフロンティア」バンダイナムコゲームス 2011年2月発売
  5. 「マクロス・クロニクル」No.21 小学館集英社プロダクション 2009年5月刊行 p27
zh:VF-17夢魘

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki